Sponsored Link

不思議な魅力のあるハーモニックパターン。このハーモニックパターンをインディケーターで楽に把握できないか、そんな思いを持ったりしてませんか。

人間はインジがあるとどうしてもインジに流されます(影響されます)。まずは目視でハーモニックパターンの把握ができるようになるべきです。インジはあくまでも補助ツールとして位置付けられる存在です。ハーモニックパターンのマスターへの近道はありません。

楽な道を進んでもゴールには到達しないので、まずはハーモニックパターンの目視での認識力の強化から始めましょう。

ハーモニックパターンには隠れた人気がある

先日、ホンの少しだけ個人投資家の方とお話する機会がありました。ベテラントレーダー一歩手前、という方で話の内容は、なるほど・・・、と思うことが多数。

そんな中で話はハーモニックパターンにまで及び(外から見ると、訳分からん会話ですね)、ハーモニックパターンって勝てますかね?、という話になりました。

その方は、ハーモニックは難しいけど魅力はありますよね、というご意見。そーか、やはりハーモニックは魅力を感じるのか。実は投資家の方とお話して、ハーモニックが魅力的、という流れになるの過去にもあって2度目だったりします。

管理人としては、投資家のタイプによって合う・合わないがあるけれど、ストレートにハーモニック一本だと難しい、という意見。やはりハーモニックは難しいですよねー、という意見の一致を見て、ハーモニックの会話は終了しました。


・三角2つのハーモニックは不思議な魅力があります

インディケーターに頼っている限りハーモニックでは勝てない

管理人、ハーモニックのインディケーターは複数種類持っています。相当色々と使い込みました。ただし現在は日常的にハーモニックのインジは見ていません。そして得た結論、

ハーモニックはインジに頼っている限り勝ち切ることは難しい!

散々実際にトレードしながらデータ取りましたが、勝ち切る!、という自信に繋がるデータは得られず。裁量入れながらのトレードでどうにかプラスとなりましたが、結局インジだけでハーモニックの攻略は諦めた経緯があります・・・。

インジがあるとインジに引っ張られる!、ハーモニックでインジケーターを利用する際の最大の欠点です。確かに心に余裕があれば、サインが出ても冷静にスルーするかどうか判断できますが、負けが込んでくると、まぁいいや、とエントリーしてしまい、最終的にやらんでもいいエントリーをして負けてしまいます。

ハーモニックパターンの認識は目視で行うこと!、コレは鉄則です。インジがあるとインジに頼ってしまうのが人間であり、逆にいえばインジはないほうがいいくらい。え?それじゃ面白くないし楽できない?ハーモニックパターンで楽にトレードしようとすると、ドツボにはまりますよ。ドツボにはまるくらいならインジは使わないほうがよいです、これが実体験。

ハーモニックのインジがあれば楽に勝てるんじゃないか?そんな思いなら、その思いはトットと捨ててしまったほうが近道です。ハーモック攻略の道は楽じゃありませんので。


・ベーシックながらTradingViewでハーモニックパターン見つけるのが王道

ハーモニックで勝ち切るためには難しい方向に行け

一番ハーモニックパターンでトレードしていた時に既に書いたのですが、ハーモニックで勝ちきるためには+α、が必要不可欠です。

関連記事:ハーモニックトレードには+αが大切ではないか?、と思う件

その+αが何に該当するかが、ハーモニック攻略の鍵を握ります。ただし万人が利用できるモノはなくって、最終的には自らその+α部分を作り上げる必要があります。

ちなみに+α部分、テクニカルだと非常に厳しいです。PIVOTも厳しいかな、と感じる今日この頃。ただしPIVOTはテクニカルよりは使えます。

1時間足とか4時間足でハーモニックパターンを読んで、+α部分はCOTレポートの分析など、値動きとは全く別部分から根拠を持ってくると、面白いことになるかもしれません。まぁ殆ど「高精度ハーモニック完全攻略パッケージ」の佐々木先生の受け売りに近いところではありますが。

ハーモニック+テクニカルだと簡単にできますが、勝つのは簡単ではありません。ハーモニックにCOTレポート分析って、難しいように感じますが、そこに解決の方法があるかもしれない。

ハーモニックパターンをマスターするには、インジを利用したりテクニカルと合わせてみたりと簡単な方向に進むのではなく、値動きの情報ベースのインジなどとは一味違った方法論を組み合わせる必要があります。正直、難しいし面倒な方向ですよね。けどその難しくて面倒な方向がハーモニックで勝ちきるためには必要ですよ。

ちなみにハーモニックと通貨強弱の試みは木っ端微塵に砕け散りました。通貨強弱で逆張りするのは難しい、と悟ることになりました・・・。正直、逆張りなら通貨強弱使わなくても、フィボナッチなどの通常の逆張り指標のほうが使える感触です。お気をつけください。

Sponsored Link

ハーモニックパターンで勝つためにはしっかりとした学びが必要不可欠

管理人はハーモニックパターンの原書から付き合いを始めています。よってある意味では筋金入りのハーモニックファンです。

だからこそ思うのですが、ハーモニックは確かにトレードの有力な武器となりえます。けどね、インジで簡単にとか簡単にマスターする方法を探すとなると、無駄な寄り道するだけなのでオススメしません。

インジも使い方次第の面もありますが、まずハーモニック初期段階ではインジを利用した攻略方法見つからないと考えたほうが無難です。目視でハーモニックパターンを確認した後にインジで再確認、という佐々木先生の方法がベストです。

ハーモニックパターンはキレイですよね、不思議な魅力があります。けどねその不思議な魅力に取り付かれて、簡単に・・・、となるとドツボにハマル可能性があります。ハーモニックに取り組むならジックリと腰を据えて行う必要があります。

国内でハーモニックを学ぶなら佐々木先生の「高精度ハーモニック完全攻略パッケージ」をおいて他にはないと考えます。インジも付いてボリュームタプッリでお値段約10万円。

関連記事:ハーモニックを学ぶなら「ハーモニックパターン完全版」をオススメする理由

正直高いですよね。けどコレくらい出さないとハーモニックはマスターできませんよ。ちなみに海外のハーモニック講座は数十万円レベルです。日本語でこの分量でこのお値段なら、その価値は値段以上といえます。

ちなみにテクニカルマニアから言えば、勝てないからと様々な有料のインディケーター買い揃えるくらいなら(商材ジプシーになるくらいなら)、一発でハーモニック教材に投資したほうが充分得るものがありますよ。テクニカルでいつまでたっても終わらないツール探しの旅に出るより、ゴールが見えているハーモニックのほうがゴールは近いです。


・ハーモニックに取り組むなら腕まくりして本気で勉強する必要があります

ハーモニックにもタイプによって合う・合わないがあることをお忘れなく

トレードの手法以前の問題として、トレーダーとしてのタイプが分かっていないと、どんなよいツールや手法であっても、宝の持ち腐れとなってしまいます。八百屋で牛肉を売らせても売れません、そんな感じ。

だからハーモニックであっても、トレーダーのタイプに合わないと宝の持ち腐れになります。だから事前に自分がどんなタイプのトレーダーか、自己分析は必要不可欠。

関連記事:トレードは自分のタイプに合わないとダメだと再認識した

ハーモニックパターンは逆張りになるので、損切りにあっても落ち着いて次のエントリーが待てる、これができないといつまでたってもハーモニックトレードは上達しません。損切りに合うと、どうしても連続エントリーしてしまいたくなる方は(過去のトレードの履歴を見るとスグ分かります)、パターン認識で甘い判断の余地があるハーモニックは避けるのがベター。寧ろ現在管理人のトレードの中心になっている、数字ベースのアービトラージがオススメです。

関連記事:勝ち易いFXトレード、アービトラージという選択肢

自らのトレードの失敗の傾向などから、トレーダーとしての自己分析をした上でトレードには取り組みましょー。意外に大切な視点ながら、語られることの少ない視点です。

ハーモニックパターンは不思議な魅力があります。そしてマスターできればトレードの有力な武器となります。しかし生兵法は怪我の元、という言葉がピッタリと当てはまるトレード手法でもあります。

ハーモニックでのトレードを志すなら自らのトレーダーとしてのタイプを分析をした上で、近道を探さずにジックリ腰を据えて勉強してください。健闘を祈ります!

・ハーモニックパターンを学ぶなら「高精度ハーモニック完全攻略パッケージ」がオススメです。ハーモニックのインジも付属していますが、ハーモニックパターンについて基礎から応用まで深く学ぶことができますよ。

「高精度ハーモニック完全攻略パッケージ」の詳細はコチラからどうぞ
関連記事:ハーモニックを学ぶなら「ハーモニックパターン完全版」をオススメする理由

ハーモニックの関連記事
ハーモニックトレードには+αが大切ではないか?、と思う件

ハーモニックパターンは一期一会の精神が大切、必要以上に追いかけない

ハーモニックで勝てない?連続エントリーをまずはやめること

友だち追加

Sponsored Link