管理人はハーモニックパターン+αでFXのトレードをしていますが、最近強く思うことは、ハーモニックトレードは+αの部分が大切ではないか?、ということ。

 けどその+αの部分、何をどうしたらいいか、ここが最大の問題。ここはもう徹底的に試行錯誤するしかないかも。
 ハーモニックトレードの+αの部分を、オリジナルな手法で固めることができれば、トレーダーとして自立が可能では?最近強くそう思います。

 管理人もまだ試行錯誤が続いている、ハーモニックの”+α”の部分ですが、あまり語られることのない、”+α”部分について語ってみます。

Sponsored Link

ハーモニックトレードの開発者のScott氏も+αを使っている

 ハーモニックトレードの開発者である、Scott M.Carny氏。そのScott氏がハーモニックトレードの新サービスを立ち上げたので、覗いていました。

https://formationseeker.com/#/

 その名も”Formation Seeker”。Scott氏が開発のHarmonic Analyzerというハーモニック分析のチャートソフト、使い勝手が正直よいとは言えない中、今回はWebベースでチャートの表示+ハーモニック分析が行えるサービスを開始。

 尚、Harmonic Analyzerについては下記の記事で触れています。

[blogcard url=”http://saredo-fx.com/harmonic/hamrmo-zissensyurui/”]

 Formation Seekerは月99ドルから、という価格設定をどう考えるかですが、コレで勝てれば安いもんです。管理人、早速フリーのデモを色々見てみましたが、結構面白かったのは下記動画。

 ナルホド今回はHarmonic Strength Index(HSI)という、指標が登場。コレでハーモニックトレードの精度を高める、ということのようです。

 なんだScott氏もハーモニックパターンだけでトレードしてないし・・・、と思ってはいけません。ハーモニックトレードの原著は、RSI使ってハーモニックパターンのスクリーニングする方法が書いてあるのと、ハーモニックトレードを実践すれば、パターンだけで本当に勝てるのか?、という壁にぶつかるのは、それなりに経験がある方は殆ど体験しておられるのでは?

 管理人が思ったのは、やはりハーモニックトレードは+αの部分の追求が大切だ、ということ。

16.3.22formation seeker
Formation Seekerのサイト、フリーでデモも利用できます

以前から思っていた+αの必要性

 ハーモニックトレードの勝率は約90%、という話もありますが、実際にハーモニックパターンを利用してトレードをしてみると、その数字はホンマかいな?、と思います、ホント。

 イヤ、下手なテクニカルなんかより余程精度があるのは間違いないのですが、それにしたって勝率80%とか90%というのは盛りすぎだろー。確かにハーモニックパターン単独で使えなくはありませんが、もう少し工夫が必要。じゃあどうしたらいいのか?、というのが悩ましい部分。

 管理人の場合は、他通貨との相対性やファンダメンタル等、完全な裁量を入れてどうにかしていますが、けどもう少し工夫は必要だよね・・・、というのが積年の思い。

 さてどうしたものか・・・、と思っていましたが、”formationseeker”のHSIを見て、ハーモニックトレードは+αが大切、という思いが確信に至りました。

 実はそのHSI、管理人的にはどーもピンとこないな、という印象であり、コレは自分で使いやすい方法考えるしかないな、と思っています。

Sponsored Link

まだ答えは出ていませんが・・・

 どーやらハーモニックトレードには”+α”が大切、というのが改めて分かった今日この頃。じゃあ何をどうしたらいいのか・・・、まだ答えは出ていません。

 ただし、これまでの経験でアレとコレとソレは+αに使えるのではないかなぁ、というのはあります。基本的に目視でパターンを見つけて、それに裁量判断を入れて・・・、というスタイルでトレードしていますが、うまく行けばmt4のハーモニックパターンのインジベースでトレードできるかも?コレばかりは、やってみなけりゃ分からない、の世界ではありますが。
 ま、ダメならダメで元の裁量入れるスタイルに戻すだけですが、どうやらハーモニックトレードはまだまだできることがある、ということが分かっただけでも新しい発見と言えます。

 ちなみに、多分テクニカルは+αの要素1つとしては使えるのでは?現にScott氏も原著ではRSIを推してましたし。ただRSIだけじゃ多分ダメ。実際、Scott氏もHSIを出してきた訳ですし。
 ついでに言えばインジを利用の場合、どの時間足を使うかが相当大切。最適な時間足に最適な+α。ね、楽しそうでしょ?ここから先は、まだ管理人も試行錯誤中です。

まとめ

 現在も模索中のトレード手法のお話なので、なんとも脈絡がないというか、ボンヤリした文章になっています。一つ言いたかったのは、ハーモニックトレードは+αの部分が結構大切っぽいですよ、という所。

 まぁ既にハーモニックパターンだけでうまくトレードができている方は、全然気になさらずともOK。ただ、ハーモニックパターンだけだと何かが足りない・・・、と思われる方がおられるようなら、その感覚は多分正しいです。そして足りない部分は、何かで補う必要があります。それが何かは是非試行錯誤して、自分のモノにする必要がありそうです。

 ともあれ、ハーモニックトレードは”+α”の部分が思った以上に大切そう、というお話。ご興味あれば、”+α”の部分、オリジナルの手法を考えてみてはいかがでしょうか?テクニカル等、手法作るの好きな方にはたまらない研究だと思います。ハーモニックトレードの精度向上を考えている方には是非試行錯誤していただきたいと思います。

ハーモニックトレードの人気記事
FXでハーモニックトレードを行う方法、MT4以外の選択肢含む

FXでハーモニックパターンを利用して勝率を上げる方法

FXでハーモニックトレードを学ぶ方法

Sponsored Link