Sponsored Link

ハーモニックパターンは美しい、けど美しいものには毒がある。その言葉の通り、ハーモニックは連敗しやすいトレードです。

ハーモニックパターンで勝ちきるためには、+αの部分が必要と管理人は考えています。その+αの部分には、一期一会の精神が役立ちます。

テクニックに走りがちなFXですが、立ち回りという部分も大切です。ハーモニックで勝ちきるための+αの部分について、立ち回りの観点で一期一会のトレードを心がけてはいかがでしょうか。

単なる逆張りになりかねないハーモニックトレード

チャートを見る時、自然とハーモニックパターンを気にしている管理人。決まる時はスパッとはまり切れ味抜群のハーモニックパターンは、興味を持たれる方も多いようです。

ハーモニックパターンについては、色々と語れる管理人、当サイトもハーモニックパターンに興味のある方がコンスタントに訪問いただいています。

ハーモニックについては一通り書いてしまった感がありますが、ハーモニックの英語のテキストや佐々木氏の教材が夏休みの宿題的に売れています。せっかく買っていただいた教材を、買って損した・・・、とならないように最近思う、ハーモニックトレードで勝つために注意すべきポイントについて語ってみます。


・何も考えずにやると単なる逆張りトレードになるハーモニックパターン

ハーモニックトレードには+αが大切

ハーモニックパターンを学び、チャートをハーモニックを探すような視点で見続けていると、そんなに時間はかからず、ハーモニックパターンでエントリーできるようになります。

一部では勝率9割と言われているハーモニックトレード、チャート上にハーモニックが見えるようになれば、常勝トレーダーの仲間入り?けどやはり相場はそんなに甘くなくって、少なくとも管理人の経験では勝率9割はないです。

ハーモニックパターンって何も考えずにやると、単なる逆張りトレードになりかねません。よって大きなトレンドが発声している時に、逆張りそして逆張り・・・、というと簡単に連敗できます。これホントです。

よってハーモニックパターンでトレードする時は、パターンの認識のみではなく、+αの部分が大切と考えています。このあたりは以前「ハーモニックトレードには+αが大切ではないか?、と思う件」として記事にしています。

関連記事:ハーモニックトレードには+αが大切ではないか?、と思う件

その美しさに魅了される方も多いハーモニックパターンですが、ハーモニックをマスターするだけでは、トレードで勝ちきる、という観点では正直力不足。ハーモニックパターンをマスターすれば常勝トレーダーになれる?夢と希望を抱くのは勝手ですが、現実はそんなに甘くないですよ。

ハーモニックパターンで確実に獲物をしとめるためには、最後にもう一工夫が必要。それが+αであり、その部分は試行錯誤が必要です。管理人の場合は、日足と週足のPIVOT重視して見ています。

そー言えば常用しているPIVOTポイントについて、あまり記事書いてない、ということに最近気付きました。PIVOTポイントについて、基礎的な部分については下記書籍が詳しいです。管理人の愛読書的存在。

具体的にどうやってトレードに活かした良いか、という点まで落とし込むなら、佐々木氏の「負けないトレード実践編」がオススメ。FXトレードの教科書としても優れているので、FXトレード始めるなら、無手勝流で勉強代を為替市場で支払う前に教科書代を素直に支払ったほうが自分のためになりますよ。

関連記事:FXの教科書なら「負けないトレード実践編」

PIVOTの世界も奥が深い世界ですが、インディケーターで完結できるので、ハーモニックより取り扱いは楽です。もしハーモニックパターンを学び、そして実践する中で、今ひとつ勝ちきれない・・・、と感じているようならPIVOTポイントと重ねて相場を見ると、新しい視点を得ることができますよ。

1つのハーモニックパターンに固執しすぎてはいけない

ハーモニックパターンについてテクニック的なことは語りはじめるとキリがない部分もありますが、案外大切なのはテクニック以外の部分だったりします。

自分のトレードはどうも同じエントリー根拠を追いかけて、最終的に大怪我しているケースが結構あります。損切りはチャンとしてるんですが、損切りの後で、まだエントリー根拠は生きている、として再度同じ方向にエントリーしてしまう。経験ないですか?管理人は「追いかけ」と読んでいて、管理人個人の問題と考えていたのですが、仮想通貨界隈のツイッター見ていると、天上と底を取りに行こうとして連続エントリーして失敗している方がいて、自分と一緒やんか、と思ってしまったのでした。案外、逆張り志向の方に共通した、やられるパターンかもしれません。

ハーモニックパターンは、ガートレー→バット→バタフライ→クラブ、と追いかけようとすれば4つの根拠を続けて追いかけることができます。ま、ポジション持ってそんなこと考えるようになった時点で、素直に次の損切りで撤退をお勧めします。パターンを4つ追いかけていく、何てどのハーモニックの教科書にも書いてありませんよ。

勝手な自分の願望でエントリーを続けないように。大きなトレンドが発生してる時、ハーモニックパターンは逆張りの連続で、それこそ5連敗とか普通にやらかしてしまいます。FXは連敗を避けるのが勝ちきるためのファーストステップです。ハーモニックと連敗って実は皮肉なことに相性が非常に良いです。だから連敗しない工夫が必要。

関連記事:ハーモニックで勝てない?連続エントリーをまずはやめること

その意味では1つのハーモニックパターンに対してトレードは1回という、一期一会の精神でハーモニックと向き合うスタンスが役立ちます。1回程度なら追いかけてもいいかな、とは思いますが、いずれにしても一期一会のスタンスは、連敗を避けるために持っておきたい姿勢。

ハーモニックはパターンがあまり出ない時もあって、そんな時はツイツイ1つのサインに固執して必要以上に追いかけてしまいがちですが、そんな時こそ一期一会の精神。チャンスはまた来ますよ。待てないトレーダーは勝てません、次のサインを素直に待ちましょ。

関連記事:FXでエントリーを「待つ」大切さ、釣りと同じですよ

ハーモニックトレードで勝ちきるための+αの部分は、テクニックだけではなく立ち回り方という観点も必要ではないかな、と考えます。立ち回り方への意識はハーモニック以外でも大切な部分ですが、連敗と相性のよいハーモニックは、立ち回りの部分にも注意する必要があります。


失敗したトレードを追いかけてエントリーすると、大怪我します・・・

Sponsored Link

連敗リスクがあるから資金管理も大切

ハーモニックパターンは連敗と相性がよい、と記しましたが、連敗への備えとして、資金管理も必要不可欠です。

そりゃ連敗しないに越したことはありませんが、逆張りトレードとなるハーモニックパターンでは、連敗のリスクは避けられません。追いかけなくても、別々のパターンでトレードして連敗する、何て普通にありますので。

連敗して立ち直れないほどやられてしまうと、それは単なるギャンブルです。ギャンブルが言いすぎなら、ギャンブルトレード。知らず知らずにギャンブルトレードしていませんか?気付いた時には多くの資金を失っていた・・・、何て事を繰り返しているようならそれはギャンブルトレードです。

1回の負けは資金の2%までに抑える等の資金管理の考え方の導入は、+α意外の部分で、ハーモニックトレードで生き残るためには必要不可欠です。

資金管理については、下記の「資金管理を踏まえたFXトレードを簡単に行う方法
」で教科書的に記したので、そちらを参考にしてみてください。別に管理人おすすめの方法でなくてもかまいません。それを決めるのは読者の方です。ただしハーモニックパターンでトレードするなら、資金管理も同時に行う必要がある(資金管理の必要性はハーモニックに限りませんが)、という部分は忘れちゃダメですよ、ホント。

関連記事:資金管理を踏まえたFXトレードを簡単に行う方法

まとめ

ある程度ハーモニックパターンが見えるようになると、コレで常勝トレーダーになれるんじゃね?、的な感覚が生じます。

で実際にトレードしてみると、勝てない・・・。勝てないどころか連敗しとる・・・、そんな状態に陥ります。ハーモニック使えねー、と言ってしまい見捨ててしまうのは簡単ですが、それをやっていると商材ジプシーの道まっしぐら。

ハーモニックトレードで勝ちきるためには+αの部分が大切、というのは慣れるといずれ気付きます(気付かない前にやめるのは非常にもったいない)。ただしその+αが何なのかは、自分で見つける必要があります。Aさんに合った手法が、Bさんに合うとは限らない、という相場でよくあるパターンが、ハーモニックの場合+αになるのではないかな、と思ってます。

ただし+αの部分は、PIVOTやテクニカル指標と合わせて見る等のテクニックの部分だけではなく、一期一会の精神でサインにこだわり過ぎない等、トレードの立ち回り方の部分に存在する場合もあります。

ハーモニックで勝ちきれない場合、そもそも間違ったパターン認識をしているケースを除くと(この場合はもう少し慣れてくださいな)、+αの部分に工夫が必要です。テクニック部分だけではなく、立ち回り方といったベーシックな部分も案外大切です。自分に何が足りないか、過去のトレードをエクセルで簡単にリスト化すると、明確に分かる場合もあるので、下記の記事の方法もお試しください。

関連記事:FXで連敗を避けて資金を増やす方法、トレード記録を簡単なエクセルの表にまとめる効果

最近あんまりハーモニックについて書いていませんでしたが、当サイト経由でハーモニック関連の教材やツール購入される方がコンスタントにおられるので、ハーモニックを有効活用していただくために、最近の気付きとともに久しぶりにハーモニック関連の記事書いてみました。

ハーモニックはその美しさに魅了される方が多く、管理人もその一人です。ただし美しいものには毒もある、との言葉通り、連敗とも相性のよい手法であり、利用上の注意も必要です。そしてハーモニックトレードに取り組んである程度時間がたつと、何か足りない・・・、と感じるようになります。その時に当記事を思い出していただけるとよいかな。もし今ハーモニックで勝ちきるためには何かが足りない・・・、と感じているようなら、当記事がヒントになってもらえるとハーモニック使いとしては嬉しいところ。

テクニカルマニアの管理人、どちらかというとテクニックに走りがちですが、立ち回りという視点の重要性もここ1~2年で感じており、ハーモニックの利用時も立ち回りが大切ではないかな、と思うようになりました。

ハーモニックにテクニカル分析乗っけて何とかしてやる、と意気込んでいるようなら、案外自分のトレード記録の中にヒントが隠されている可能性があります。

ハーモニックで勝ちきるために必要な+αの部分。テクニックだけでなく、立ち回りという部分も探ると、思わぬヒントがありますよ。まずは一期一会の観点で、自らのトレードを振り返ってはいかがでしょうか?お試しください。

・ハーモニックパターンを学ぶなら「高精度ハーモニック完全攻略パッケージ」(旧:「ハーモニックパターン完全版」)がオススメです。
「高精度ハーモニック完全攻略パッケージ」の詳細はコチラからどうぞ
関連記事:ハーモニックを学ぶなら「ハーモニックパターン完全版」をオススメする理由

Sponsored Link