Sponsored Link

日本発のテクニカル指標といわれるRCIは日本人に人気のあるテクニカル指標です。そのRCIのラインを滑らかに表示して、また曲がった部分に●印を表示させたものがオリジナルRCIです。

エントリータイミングを探るのに優れた力を発揮するRCIは順張りと逆張りの両者に使えます。RCIのパターン認識を行い易いオリジナルRCIを活用して、FXトレードの際のエントリー力の上達を目指してみませんか?

その昔はRCIだけで短期トレードしていた

もう5年以上前、スキャルピングにはまっていた頃、RCIがトレードの相棒でした。短期・中期・長期の3本のRCIを表示させて、中期と長期の方向が揃った時に短期RCIの戻しや押し目でエントリー。また逆張りエントリー、この2種類でスキャルピングしてました。

ちょうどUSD/JPYに値動きのあった時代でもあり、ボチボチ勝ちました。RCIだけあればFXは勝てるんじゃないか、と思ったくらい。

けど忙しいのと、テクニカルだけじゃキツイ・・・、ということに気付きその後は試行錯誤しながら現在に至っています。

今はテクニカルのみでトレードしてませんが、それでもエントリーのタイミングを考えるときはRCIを参考にしています。RCIは自分にとってエントリータイミングを考えるのに非常に使えるテクニカル指標となっています。確かに場面によってはRCIよりもよいタイミングでエントリーサインを出すツールもありますが、総合的に考えるとRCIは多くの局面でベストではなくてもベターなサインを出します。よってRCIは安定しているテクニカル指標と管理人は考えています。

オリジナルRCIの販売を開始しました

かつては毎日のように利用していたRCI、そのRCIですが今回ご紹介するのは若干特殊なRCIです。通常のRCIに対し、ラインが曲がると●印が付いたり、通常のRCIのラインと異なりカクカクせずに滑らかなRCIのラインを描写したり、とRCIには通常のRCIには付いていない特徴を有しています。

RCIはカクカクすると相場を読み解けなくなってしまうのが欠点ですが、オリジナルRCIはスムーズなラインを描写するため、RCIの描くパターンを読み解くのに非常に便利です。またそんなオリジナルRCIでラインがカクカクしている時はレンジ相場の中に位置しており、手出し無用、ということになります。


・オリジナルRCIはこんな感じの表示となります(目立つように線は太くしてあります)

Sponsored Link

トレンドはRCI以外の方法で把握することを推奨

テクニカル一本でFXトレードが勝てるかといえば、非常に難しいと思います。テクニカル一本で勝てるトレーダーの存在は否定しませんが、管理人の経験からは、非常にハードルが高いと言わざるをえません。

FXトレードは本来、ファンダメンタルや機関投資家のポジション動向、通貨強弱も利用した上でトレードすべきですが、RCIを利用する際の注意点としてはトレンド把握だけは別の方法論を用いるべきと考えます。

MACDでも複数の移動平均線でも、また別のテクニカル指標(テクニカルでなくてもOK)でも何でもよいのですが、RCIではないツールなどでトレンドを判断した上でRCIでエントリーのタイミングをはかる。この方法での利用をおすすめします。

かつて管理人は平均足スムーズド3本を利用してトレンド判定していました。RCI複数本を表示させても大きなトレンドは上位足で何かしらのテクニカルなど利用して確認する、というセオリー通りの確認は行うべきでしょう。RCIは使えるテクニカル指標ではありますが、単体で勝てるほどFXトレードの世界は甘くない、と思います。


・平均足スムーズド3本とオリジナルRCIを組み合わせたチャート

損切り場所は事前に決めておくこと

RCIに限りませんがテクニカル指標にダマシはつきものです。よって必ず負けが発生します。その必ず発生する負けの際にどこで撤退=損切りするか、この部分は事前に必ず考えておくこと。

ベーシックにダウ理論どおり前の高値・安値を超えたらでも構いませんし、RCIが逆行したらでも構いません。ただしどんな方法であれ、損切りルールを決めたら守り抜くこと。これができないとRCIを利用したところで勝ちきることはできません。管理人がRCIにはまっていた時はまだ損切りの認識が甘い時期でした。よってコツコツドカンを何度かやってます。。。

RCIを利用してエントリーした後、なにがどうなったら損切りするか、を決めること。これと資金管理をしっかり行えば、少なくともアホみたいな負けで大金を失う、ことはなくなります。

まとめ

気が付くと結構な手法マニアな管理人ですが、最初の段階ではテクニカル一本でトレードしてました。RCI+Monthly Sweet Band+トレンド把握の方法論、この3つがあれば長めのデイトレからスイングなら変なことにならないと考えます。

色々な変遷を経て、テクニカルはエントリータイミングを取るためのツール、というのが現在の管理人の考え方ですが、その中でもRCIはエントリータイミングを探るための優秀なツールと考えています。

テクニカルでFXトレードをしているけどサッパリ・・・、というのならRCIを試してはいかがでしょうか?MT4のサイトなどで無料ダウンロードできるRCIでも構いませんが、見易いRCIなら断然オリジナルRCIがおすすめですよ。

別途トレンド把握の方法論は最低限必要となりますが、少なくともRCIを利用することでエントリーのタイミングを探る力は上達します。

オリジナルRCIはお値段5,000円(税込み)、もしRCIにご興味あるようならご利用ください。

オリジナルRCIの購入は下記からどうぞ!

オリジナルRCI、滑らかな曲線を描写して反転サインも表示できるRCI

もう1つのオリジナル製品Monthly Sweet Bandは下記から詳細をどうぞ。
Monthly Sweet Bandの販売開始しました

友だち追加

Sponsored Link