24時間取引可能なFX。ただし24時間取引可能とは言え、時間帯によって市場(マーケット)のプレイヤーは違ってきます。
 そんなFXの取引時間=時間帯について、色々と考えてみました。実はFXトレード、ニューヨーク時間にトレードせざるを得ない、日本のサラリーマンやOLトレーダーは元々、非常に不利な戦いを強いられている可能性があります。

Sponsored Link

FXの取引時間は東京・ロンドン・ニューヨークの3つに分けられる

 株と違いFXは”市場”というのが厳密にはないので、正しいスタート時間というのはありません。ただし株価の動きに大きく影響を受ける為替市場、大きく分けて3つの取引時間に分けることができます。

①東京時間(9~15時)
②ロンドン時間(16~23時)
③ニューヨーク時間(23時~7時)

 冬時間になるとロンドンとニューヨーク時間は1時間後ろにずれる部分もありますが、ザックリと言えばこんな感じにFXの取引時間は分けられます。簡単に言えば、東京・ロンドン・ニューヨークで証券取引所が開いている時間帯の辺りです。

 この3つの時間帯、それぞれ値動きに特徴があります。FXのプロの機関投資家やベテラン個人トレーダーは、各時間帯の値動きの特徴を当たり前のように意識していますが、実は個人トレーダーには案外知られていない時間帯毎の値動き。管理人の経験をもとにまとめてみます。

①東京時間(9~15時)→草食系の大人しい値動き

 東京時間の為替の値動きは、金融草食系とも言える非常に大人しい値動きです。少しずつレートが動いて行っても、過去のサポート&レジスタンス(サポレジ)で跳ね返されることが多く、ブレイクするケースはあまりありません。よって、ブレイクしない、という前提でトレードしてもマズマズ勝つことができます。

 元来が農耕民族の日本人、マーケットでもガツガツしない癒し系という存在?そんな気がしてなりません。

 次に説明するロンドン時間やニューヨーク時間と比べると、ホント大人しい値動きの時が多いのですが、相場の構成を、スクイーズ(停滞)→イクスパンション(爆発)の繰り返し、とかんがえるのであれば、東京時間こそ、その後のロンドンやニューヨーク時間の値動きのためにエネルギーを溜めている時間帯、と考えることができます。

 ただし基本的には大人しい東京時間ですが、日経平均株価が大きく動いている日は話が別。株と連動する形で、東京時間もよーく動きます。FXトレードをする際は株価も見ておくべき、と管理人は考えていますが、東京時間にFXトレードするのであれば日経平均株価の値動きを見ておくのも必須ではないかと思います。

②ロンドン時間(16~23時)→ブレイク!ブレイク!

 ロンドン時間の特徴を一言で言えば、ブレイク!
 レンジっぽい東京時間の動きの後は、その東京のレンジをブレイクしに行くのがロンドン時間となります。
 今の世界の為替取引の中心はロンドン、そのロンドン時間には為替の値動きも、取引量の多さゆえ非常に軽くなります。

 しかし気を付けないといけないのは、東京時間のレンジをブレイクするとは言っても、上か下のどちらにブレイクするかはその時にならないと分からない、という点。
 東京時間の終了時にレンジの下にレートが張り付いていた、だからロンドン時間は下にブレイクでしょー、ってその考え機関投資家は全てお見通しです。
 レンジの端でブレク期待のトレーダーの狩りを行うの、機関投資家の得意技です。よって安直に東京時間→ロンドン時間のブレイク狙いをするとやられます。そのまま素直にブレイクするケースも多数あるのが厄介な所でもありますが、レンジの端まで行ったら急に反転して逆方向にブレイクした、何てロンドン時間のスタート時には日常茶飯事なので、その点は充分にご注意ください。

 ロンドン時間はひっかけも多いですが、東京時間のレンジをブレイクする、という点だけは分かり易い動きともいえ、取引量が多く値動きが軽い時間帯でもあり、最もFXトレードに適した時間帯、とも言われています。

15.10.1イギリス国旗-min
為替が最も取引されるの実はロンドン時間なんです

③ニューヨーク時間(23~7時)→何でもありの弱肉強食市場

 
 為替取引の世界の中心はロンドンですが、やはりマーケットのプレイヤーが最も多いのはアメリカ。機関投資家も銀行から始まってヘッジファンド等、何でもござれ状態。そんなプロ達が手ぐすね引いて待っているのが、ニューヨーク時間。
 為替が訳の分からない値動きをするのは、このニューヨーク時間が最も多いと感じます。プロのプレイヤー=魑魅魍魎?、の頭数が最も多いのがニューヨーク時間、と考えれば納得できる?だからテクニカル指標完全無視の値動きなんてしょっちゅうあります。ただでさえ効きにくいFXのテクニカル指標、ニューヨーク時間をテクニカルオンリーで戦えば、まずやられます。

関連記事:FXがテクニカル分析だけでは勝てない理由

 ニューヨーク時間、ホントにバタバタと動きます。それもロンドン時間の値動きを無視するかのような動きをすることも多数。管理人はニューヨーク時間が最も値動きが読みにくい時間帯、と考えています。少なくともこの時間帯にエントリーは殆どしません。スキャル派以外には、最も厳しい時間帯ではないかと。

 管理人は過去随分とやられたポンドを全く触りませんが、ニューヨーク時間は、じゃじゃ馬のように動くポンドと同じような値動きになりやすい、と言えるのかもしれません。

Sponsored Link

日本のサラリーマンやOLが不利なFX市場

 日本のFXトレーダー、大半の方は兼業でトレードができるのは帰宅してから。となるとロンドン時間の後半戦、そしてニューヨーク時間の前半戦から参戦、ということになります。ロンドン時間も日本時間で言えば21時頃にはほぼその日の値動きに決着がついていることが多いので、必然的にニューヨーク時間で戦うこととなります。

 そしてニューヨーク時間の値動き、上記で説明したように何でもアリの時間帯。素人丸出しのトレードをしようものなら、あっという間にやられてしまいます。
 ここで入ろう、と事前に価格を決めて臨んでいるトレーダーならまだしも、仕事が終わった後に家でサクッとトレードして儲けようとするトレーダーは、プロ達の格好の餌となります。
 こんな状態の中で、更に酒を飲んでトレードしようなんてのは、言語道断ですぞ。詳しくは下記記事をご覧ください。

関連記事:FX初心者べからず集、酒飲みトレード厳禁

 こう考えると、日本のサラリーマンやOLはFXトレードをするの、世界中見ても非常に不利な立場にいる、と言えそうです。

祝日の日中にFXトレードをしてはいけない理由も同じ

 土日を除き24時間トレード可能なFX市場。日本が祝日でも市場は開いておりトレードが可能です。
 平日はなかなかFXトレードする機会のないサラリーマンやOLの方で、祝日にFXをやってみようと思う方もいるかもしれませんが、少なくとも祝日の日中、夕方まではFXトレードはオススメできません。
 何故って、市場に誰もおらず値動きが殆どないから。
 これって理屈は簡単で、日本の祝日の夕方まで、東京時間は日本人がお休みなので日本人の機関投資家も休みを取っている+株式市場もお休みなので、FX市場には殆ど人がおらず開店休業状態になります。だからこんな時にトレードをしたところで値段はうごかず、ジリジリと気があせるばかりで得る者は非常に少ないです。

 祝日はやはりゆっくり休むか、遊ぶのが本来一番良いと思いますが、それでもどうしてもFXトレードをするなら、ロンドン時間に入る頃から。ロンドン時間になれば、プレイヤーもいつものようにたくさんやってきて、為替市場も営業開始、ということになりますので。日本の祝日に、ロンドン時間にFXトレード技術の向上を図る、というのは考えてみれば”あり”だと思います。
 
 ちなみに逆もまたしかりで、日本市場が営業中でもロンドンやニューヨークが休みという時もあります。こんな時は当然、該当の時間帯は値動きがないのでトレードは避けるのがよいです。

15.10.1時計-min
FXと時間は非常に奥の深い関係があります

8月と12月も開店休業中の為替市場

 欧米の為替トレーダーの方々、8月の真夏はバカンスを取って、12月は年末まで1ヶ月休み、というのがスタイルのようです。羨ましい限りです。
 8月は日本もお盆休みがあるので、感覚的に分からないでではないですが、12月が丸っと1ヶ月休みって、もう何だか別世界ですね。

 ということで為替市場のメインプレイヤーが少ない8月と12月は為替が動かないことが多いです。
 以前、FXは釣りと一緒、という記事を書いていますが、あの記事は「待つ」という観点で釣りと一緒、と書きましたが、魚がいない所で糸を垂らしても魚は釣れない、という観点で、やはりFXは釣りによく似ていると思います。

関連記事:FXでエントリーを「待つ」大切さ、釣りと同じですよ

FXの取引時間のまとめ

 FXトレードって、トレードする時間帯によって風景がガラッと変わってきます。そして東京時間で通じる手法が、ロンドン時間やニューヨーク時間では通じない、何てのはザラです。

 株のトレードでは殆ど意識することの無い時間帯ですが、FXではトレードにとって非常に重要な要素となってきます。ここに気付くことができるかどうかで、FXトレードのレベルを1つ挙げることが出来るのではないかなぁ、と管理人は思っています。

 それぞれの人のトレードスタイルによって、時間帯の影響度も変わってはきますが、FXトレードの際に、トレードの時間帯そしてその時間帯の値動きのクセを意識することは非常に大切。
 
 当記事がまだFXトレードにおいて、各時間帯毎の値動きにまで意識の行っていない方の、新しい気付きとなれば幸いです。

<関連記事>
FXトレードの学び方、やり直すなら行う3つのこと

Sponsored Link