Sponsored Link

FXで勝つために初心者が知るべきなのは、手法も大切ですが、勝つためのルール化も必要です。そして作ったルールは守ることも忘れてはいけません。

FXの手法の勉強と同じくらい大切な、FXで勝つために必要なルールについて解説しました。

知っているか・知らないか、の部分が多いのですが、知る事で確実に一歩ステップアップすることができますよ。

FXは勉強の前に知るべきルールがある

FXで勝つためには勉強が大切、というのは間違いありません。ただし勉強の前にFXには独特の守るべきルールがあります。このルールを知ること、そしてルールを守ることなしには、いくらFXの勉強をしても勝ちきることはできません。

FXで勝つ土台とも言うべきルールを知って+守る事ができなければ、いくら書籍や教材で勉強しても、トレード上達への道は遠いと言えるでしょう。なにせ管理人がそうで、FXの勉強は相当しました。ただね、いくら勉強しても何かが足りないなー、というのは経験を積めば積むほど思った部分。足りないのは勉強やノウハウじゃないよね・・・、という事を徐々に感じるようになり、勉強の前のルールの大切さに気づくことになりました。

あー、もっと早くに知っておくべきだった、と管理人が思うFXで勝つためのルールについてご紹介します。

①損切のルール化とルールの実行

恐らく①損切のルール化とルールの実行が着実にできるようになれば、勝てなくても負けないトレーダーにはなれます。

FXトレードの上達は、

1.負けている
2.負けもしないが勝てもしない
3.勝てるようになる

という3つのフェーズを経ることになりますが、①損切がルール化できルール通りでできるようになれば2の「負けもしないが勝てもしない」というフェーズには行けます。

振り返ってもみて下さい、大損したのは“まぁいいか”と損切を一旦外したり、特に考えなく損切を置かずにズルズルと含み損が膨らんだ結果として発生することが多くないですか?損切のルール化と実行により、少なくともFXで大損することがなくなります。

確かに連敗してジリジリと資金が減っていく、という事はあります。けどそこは損切ルールという土台の上に手法を乗せることで、最終的にはプラスに持って行くことが可能になります。まずは損切ルールという土台部分を確立することが必要不可欠。


・トレードで勝ち切るためにはルール化が必要不可欠

ルール化で損切に感情を入れる余地をなくす

自分のタイプにあった損切ルールを作って、それを守る。そこに感情は必要ありません。損切は感情を入れるから損切できないんですよ。損切は自分の過ちを認める行為、誰も自分の間違いを認めたくはありません。感情を入れるから損切できない訳で、そうであれば感情を挟まない、ルール通りに損切できる状況にするべきです。

何も考えずに事務的にエントリーしたらOCOで損切注文入れる 以上、それで結構。

手動で損切する事ができない?分かります、けど実は手動で損切するの相当心理的ハードル高いので、出来ていないようなら、出来ない、とあきらめてしまいましょ。メンタルなんてスグには鍛えられませんよ。けど損切はスグにでもできるようにならないとお話になりません。

大丈夫、ルール作ってルール通りにOCO注文で損切するなら誰でもできます。流れ作業のバイトするようなもんです。損切を流れ作業にするなら、誰でもできると思いませんか?

そして一度入れた損切注文は、絶対にずらしてはダメです。一度ずらすと、クセになってズルズルと損切外しをして、結局損切のルール化の意味がなくなってしまいます・・・。

損切に慣れる方法、以前記事にしているのでそちらも参考にしてください。

関連記事:損切りをためらいなく出来るようになる方法

②損切の後もルール通りにエントリーする

案外盲点なのは②損切の後のエントリー。持っていたポジションがルール通りに損切となりました、その後の立ち回り方が相当大切です。

損切の後で焦ってルール無視して適当にエントリーしてませんか?

管理人は「追いかけ」と言っているのですが、持っているポジションが損切になった後、焦って同じ方向にもう一度ポジションを追いかけて持ってしまうことがあります。というか、過去の記録見てみると損切の後の「追いかけ」の多い事・・・。確かに追いかけると勝てるケースもあるのですが、ドロ沼の連敗にはまる時って、殆ど追いかけた時なんですよ。

自らのトレードルールに従った上での「追いかけ」なら全然構いませんが、「もう少し我慢できていれば損切に合わなかった」、「この辺りが天井・底と思われる」などなど、勝手な解釈で適当な理由を見つけて、再度同じ方向にエントリーする「追いかけ」行為は最終的にロクな結果を招きません。

管理人の場合②に気付いたことが、「2.負けもしないが勝ちもしない」段階から次のステップに進む、大きなきっかけとなりました。

色々なサイトやFXの本や教材も見てきましたが、②損切の後のポジションの持ち方に言及している事って殆どありません。ただ自らの経験では、損切後のポジションの取り方って、FXで勝ち切るための大きな鍵を握っている、と感じています。

損切ができるのは、FXで負けないための大前提とするならば、損切の後のエントリーは、FXで勝ち切るための大前提、となります。

FXで勝ち切れない・・・、と悩んでいる方は、損切の後に焦って意味なく同じ方向・ルール外にポジション持っていませんか?ビンゴ!、であれば問題点は明白なので、損切の後の立ち回り方をどうするか考えてみてください。極端な話、損切にあったら、もうその日はエントリーしない、でも構いません。それだけで連敗は大きく減りますので。

「損切になったら、次のエントリーはサインが出るまで待つ」、当たり前ですが出来ていないようなら、机の前に書いて貼っておくなりして損切の後に変なエントリーしないようにしましょう。

当たり前の事をすればいいんです、簡単では?

Sponsored Link

③トレードしないルールを決める

トレードってポジション持たない事には話になりませんが、トレードしない努力はトレードする努力と同じくらい必要です。

FXは待つことが大切、と過去何度か記事にもしています。コレは突き詰めるとトレードしない努力に帰結します。

関連記事:FXでエントリーを「待つ」大切さ、釣りと同じですよ

上記の②にも関連しますが、トレードしないルールもトレードするルールと同時に決める事。例えば上記②で紹介したように、損切にあったらもうその日はトレードしない、なんてのでもOKです。

指標の前後はエントリーしない、といった指標関係の部分は当然として、値動きが安定しない月曜・金曜はエントリーしない、早朝はエントリーしない、東京時間はエントリーしない、訳分らない値動きを見せるニューヨーク時間はエントリーしない等、いくらでもトレードしないルールは考えられます。

過去のトレード記録を見て、一番期待値の低い部分のエントリーをしないだけでも、最終的な勝ちは積みあがります。

毎日会社から帰ってからトレードして、週の収支では総合的に負けている・・・、そんな状態ではありませんか?勝ち負けが積みあがって総合的に負けているようなら、負けている部分を間引いてやるだけで、勝ちは残ります。本当はやらない理由も欲しい所ですが、過去のトレード記録を見て、負けている曜日や時間帯があれば、その部分はトレードしない、とするだけでも結果は変わってきます。

金曜日はトレードしない、というだけでも効果があります。特に木曜までで累計で勝っているようなら、金曜日はトレードしない、というのは有力なトレードしないルールとなります。

FXは、事務仕事みたいに真面目にコツコツやって・・・、とは真逆の世界ですよ。やる時とやらない時をしっかり決める、やらない時はチャートも見ない、実はそんなに難しい話ではないのですが、日本人真面目なので毎日トレードしてしまいがちですが、そうではなくて“やらない時にはトレードしない”、というアスリートのように休むのも大切な仕事です。

トレードしない事が大切って、FXの本などで見たことは殆どありませんが、トッテモ大切ですよ、ホント。

④資金管理

資金管理の必要性は、既に当サイトで何度か解説しているので、詳細はそちらの記事に譲ります。

関連記事:資金管理を踏まえたFXトレードを簡単に行う方法

資金管理無しにFXで勝ち切るのは難しいです。何も考えずに50,000円で10,000通貨とか決めてませんか?

勝っている時は良いのですが、今のままだと連敗するとアッと言う間に資金が減りますよ。特に最初の頃は、1,000通貨できれば100通貨とかそれ以下で資金管理をしながらトレードすると、連敗しても資金的には大怪我せずに立ち直ることができます。

難しいように感じる資金管理ですが、要は持ってる資金の何%の損失を許容するか、というお話です。イザやってみると、これも殆どルール化できるのでそんなに難しくないですよ。


・資金管理の重要性はトレード手法と車の両輪をなします

まとめ

FXで勝ち切るためにはトレード手法が大切なのは言うまでもありませんが、トレード以外の部分に神が宿っています。手法が大切・・・、と思っている間はその神の存在に気付かないもんです。

トレード手法だけで勝てるようなら、FXの教材買ってる人は皆金持ちになれると思いませんか?実際そうはなってませんよね。

FXに限りませんが、トレードで勝ち切るためには様々なポイントがあります。手法は重要ではあるものの、構成要素の1つに過ぎません。それに気付けるかどうかが大切です。周りに指摘してくれる先輩トレーダーがいる方は少数派でしょう。

上記で取り上げた勉強=手法以外で必要と考えられる部分、そんなに難しいとは感じないのでは?ハイ、気付いたなら、あとは“やるかやらないか”だけです。その気付きのお手伝いは本記事で多少は出来たかと思います。あとは実践あるのみです。

そんな事もできてなかったのか・・・、と唖然とするかもですが、やればできますよ。要は気付くかどうかです。

管理人が身銭を切って気付いた、トレード手法以外で大切なルール化の部分、実はそんなに難しい事ではありません。これは当たってるなー、という部分があれば、まずは自らのトレードに取り入れてみてください。きっと前向きな変化が現れますよ。

・初心者が最初にFXの勉強をするなら「負けないトレード実践編」がオススメです。FXで勝つための王道的な考え方や手法が動画で解説されています。どうしても手法に視線が行きがちなFXトレード初期の頃ですが、手法意外の大切な部分についても充分な解説がなされている、FXの教科書的な存在です。

負けないトレード実践編/欧米プロの骨太テクニカル」の詳細を見てみる

(詳細記事:FXの教科書なら「負けないトレード実践編」

当記事の関連記事
損切りをためらいなく出来るようになる方法

FXでエントリーを「待つ」大切さ、釣りと同じですよ

資金管理を踏まえたFXトレードを簡単に行う方法

Sponsored Link