時間の出来る夏休み、ガッツリFXトレードしようと思う方も多いのでは?けど8月って為替市場のメインプレイヤーも夏休みを取るので、案外値動きがない年が多いんです。よってトレードすると精神的及び金銭的に消耗する可能性も。

 そんな夏休み、FXトレードするより勉強したほうが今後にいきてくる可能性があります。今回は夏休みに行いたい、FXの勉強についてピックアップしてみました。



8月は値動きの幅が狭くなる可能性が高い

 以前の記事にも書いていますが、8月の為替市場は値動きが狭くなる可能性が高いです。特に日本のお盆前後の週はその傾向が強まります。

関連記事:8月にFXトレードがオススメできない簡単な理由

 為替市場を動かす機関投資家も人間。人間は夏休みを取ります。これは欧米も一緒、欧米だとサマーバケーションですね。サマーバケーションの期間に入ると、為替市場のプレイヤー自体の数が減ることになり、となると為替市場の値動きが狭くなるのは当然です。

 値動きが無いと、エントリーしたはいいが、動かず精神的に消耗する・・・、というケースが多くなり、精神的にも資金的にもすり減らしてしまうケースが多数発生します。そんな動かない市場でわざわざ勝負する必要はありません。夏休みなんだから、素直に休んでしまいましょー。

 え?けどFXで何かしたい?そんな時は時間のある夏休みこそFXの勉強してはいかがでしょ。ゆっくり時間の取れる夏休みはFXの勉強に充てるのに最適と言えます。

 そんな夏休み、FXで何を勉強したらよいか、ピックアップしてみました。


夏休みにしかできないこともあります

過去トレードの検証

 既に手法があってトレードしているようなら、一番効果的なのは過去トレードの検証。どんな時に成功して、どんな時に失敗したのか。各パターンに分けて、改めて傾向の分析を行ってみると、思わぬ発見があります。

 個人的にオススメなのは、エクセルでパターン別にトレードを分類してしまうこと。裁量トレードの場合、完全な分類は無理かもしれませんが、ある程度パターン別に分類することで、勝ってるケースと負けているケースを分けることができます。

 その上で負けが多いケースはトレードしない、と決めてしまうのも1つの手ですし、もう少し踏み込んで勝てるフィルター等を探してみるのも面白いです。過去負けが多かったパターン、何かしらのフィルターを入れると勝てるようになるケースもありますし、結局フィルターを入れても期待値的にはマイナス・・・、というケースもあります。この辺りは実際に検証するしかない訳ですが、時間のある夏休みこそ踏み込んだ検証が可能になります。

 過去のトレードをパターン別に分けて、勝ちトレードと負けトレードを拾ってみる。そして勝ちトレードのパータンをしっかり覚えて認識する、負けが多いトレードは止めるor他にフィルタリング等で勝てるようにならないか検証する。ハイ、まさに今年の管理人のFXの勉強のテーマでございます。エクセルでパターンを分類するのがミソだと思います。

手法を学ぶ

 夏休みを機会にFXの手法を学ぶのもよいと思います。当サイトでこれまで紹介してきた手法等、下記にピックアップしてみました。

フィボナッチ

 管理人はFXトレードするなら、フィボナッチの知識は最低限持っておいた方がいいと思ってます。相場が戻りや反転する際にフィボナッチが効いているケース、本当によくあるので。最近短期トレード中心ですが、それでもベースの相場分析する際はフィボナッチとハーモニックパターン中心で分析しています。

 フィボナッチを学ぶ教材、過去3つご紹介しています。

①note『トレードの解説書、フィボナッチ利用の基礎の基礎』【700円】

②note『フィボナッチ・リトレースメントを利用したFXトレードの解説書』【5,400円】

 ①②ともに管理人が作成。①は株用に作成したフィボナッチ利用の解説書ですが、フィボナッチの基本的な部分は株もFXも変わらないので、充分参考になります。②は相応の価格設定となっていますが、外為ジャパンへの口座開設+αで無料プレゼントをしていますので、ご興味あれば外為ジャパンの口座開設をご検討ください。

※口座開設は下記よりどうぞ
フィボナッチを利用したFXトレードの解説書を作成しました!

・③フィボナッチ大辞典
fibojiten-min

 フィボナッチを学ぶための総合的な教材と言えるのが「フィボナッチ大辞典」。管理人、今もタマに見ています。税抜19,800円ですが、値段に見合ったボリュームで、ガッツリFXを学ぶ夏休みの宿題とするには最適な内容です。

 フィボナッチは知っておくと、相場分析に重要な補助線が引けるようになります。夏休みを機会に軽くでも学んでおくと今後のトレード人生に活用できますよ。



ハーモニック

 ハーモニックも非常に奥深い世界なので、夏休みの課題としては最適。ただ日本語の教材、佐々木氏のがオススメできるのですが、相応の値段がするので決心も必要になります。

①『Newハーモニック完全攻略パッケージ』

 新しいシリーズになって値段も298,000円となっています。本気でハーモニックを学ぶには、これ以上必要なモノがないという内容になっています。ただ値段が・・・、という場合は入門編的に下記の教材もあります。

②『速習2時間!ハーモニックと資源通貨の取引方法』

 お手軽にハーモニックと資源通貨の取引を学ぶことができます。
 
 お金使いたくない、というなら無料の下記コースもあります。

③『無料版ハーモニック体験コース』

 ハーモニックって、日本語で学ぼうとすると結構ハードルが高いのがネックです。ただ英語で頑張る、というのであれば原著に当たってみるが一番。電子化もされています。

 図が多いので、辞書があれば何とか読めます。こーいうを読むと、まさに夏休みの課題、という感じとなります。

まとめ

 夏休み無理してFXトレードして消耗する必要はないと思います。以前チャイナショックがありましたが、チャイナショックはトレーダーの休み明けと同時に始まった、非常に分かり易い値動きでした。相場を動かす人が休んでいる訳なので、一緒に休めばいいのね、と再認識したものです。

 とは言え、時間のある夏休みボーッとするのもモッタイナイ、というのであれば上記で改めてトレードの勉強してみてはいかがでしょうか?別にお金使わなくても、自らのトレードの検証でも充分得るものはありますよ。

 夏休みはトレードで消耗するより、検証や勉強で時間を使って、夏休み以降のトレードに備えるのがオススメです。

FXの勉強の関連記事
FXでハーモニックトレードを学ぶ方法
 
FXでフィボナッチを学ぶなら「フィボナッチ大辞典」