FXの順張りの方法を、逆張り派の管理人が研究してみました。主にメテオチャートを利用し、順張りトレードをしている中で、視線を固定する大切さに気付きました。

FXの逆張りで連敗が続いて心が折れているようなら、視線を固定しての順張りにトライするのもよいかもしれませんよ。

Sponsored Link

初めて順張りを真面目に実践してみた

FXを始めて結構な歳月が流れていますが、裁量トレードでは殆ど逆張り中心にトレードしてきました。ビバ逆張り!、という感じなので、そりゃフィボナッチやハーモニックに詳しくなる訳です。

スイングの時は逆張り中心で何とかやってましたが、短期中心のトレードスタイルとなると、逆張り中心ではどうしても限界も感じてしまい、初めてと言っていいくらい順張りの研究と実践をこの所していました。

考えてみれば逆張りのタイミングって、そんなには無い訳で、一方向にトレンドが続く中でエントリーする順張りは、トレンドが続いていればエントリー機会は押し目を待てれば相応にあります。

逆張りトレードの研究はハーモニック中心で一段落したこともあり、順張りの研究ができる余裕が出来た訳ですが、逆張りとはまた違う世界が見えてきたので、今回は逆張り派が順張りを行うにあたり見えてきた事等をご紹介。

メテオチャートで順張りトレードの着想を得る

既に販売は終わってますが、以前紹介したメテオチャートというチャートがあります。一見、なんじゃコリャという形のチャートですが、パッと見た感じで分かると思うのですが、トレンドを捉えるのが非常に得意なチャートになります。


メテオチャートはこんな感じのチャート

関連記事:メテオチャートをトレンド判断で実践的に使用する

実はメテオチャート、ハーモニックパターンのフィルタールールに丁度いいや、と思いそれまでタンスの肥やしだったのを引っ張り出して使っていました。実際、フィルタールールとしては優秀で、インジを使ったハーモニックパターントレードのブレイクスルー的存在となりました。(ただしインジはNinjaTraderのハーモニックインジ使ってます)

そして思ったのは、メテオチャートがフィルタールールで使えるのなら普通に順張り用のフィルタールールで使えばいいんじゃなかろうか、と言うこと。実はかつて試みたことがあるのですが、うまくいかず挫折しています。

もう1回やってみるか、と言うことでタンスからかつて利用していたインジ類を引っ張り出すのと、ここ最近利用しているMT4のtickチャートを引っ張り出して、時間足チャート、tickチャート、そしてrenkoチャートに色々なインジを組み合わせて、順張り用のトレードシステム作ってみました。

過去のインジ類が以前同様煮詰まる中、案外面白い結果となったのがPitviewに最近付属されてきたチャートセット。試したいことがあり久しぶりに利用しているのが幸いしました。


Pitviewに付属のチャート設定

関連記事:為替市場の機関投資家の動きを見破るツール、PitViewとeFXPlus

で、メテオチャートみながらPitviewのチャートセットを利用してトレードしてみると案外悪くない・・・。もう少し検証と実践の必要はありますが、ベースはこんな感じか、というチャートが完成しました。

正直なーんにも奇をてらったチャートではありません。サインは挙動を見ていると恐らく有名なVQもしくはその類似。けど押し目を拾う能力が秀逸。メテオチャート利用の要は、ブレイクの見極めor正しい押し目の判断、と考えていますが、後者の正しい押し目判断に丁度うまくマッチします。

けどこのチャート見ていると、大切なのは手法やチャートじゃない、と言うのが実感として分かるような。今まで自分は何をしていたんでしょ・・・。

Sponsored Link

FXの順張りでは視線の固定が大切ではないか

逆張りの場合、フィボナッチやハーモニックでそろそろこの辺りで反転しそうだ、と目星を付けたら、後は相場がその辺りに来るのを待って、エントリータイミングを図る、と言ったパターンのトレードとなります。

待てなかったり、目星を外すと(短期は外すケースが多い。。。)連敗してドツボにハマる訳ですが、順張りの場合はトレンドの方向性さえ正しく掴むことが出来れば、連敗するにしても限度があります。

よって順張りの場合、トレンドの把握は当然のように最重要ですが、トレンドを把握したらその視線を固定してしまうことが大切ではないかな、と感じています。逆張りの場合、フィボナッチのラインの引く場所が人それぞれの面があるように、相場の見方は結構融通を聞かせられる面があります。ま、この融通が結構難題で連敗のリスクも一緒にやって来る訳ですが、逆張りの場合は相場の見方に自由度を持たせた方が機能することが多いです、特に1時間足以上の場合は。(短期で過度にやると必要以上に連敗します)

逆に順張りは、例えば上昇トレンドと把握したら、それこそフィボナッチ・リトレースメントで76.4~88.6%のレベルに入るまでは上昇トレンド、との観点で見方を固定したほうがよさそう。ま、逆張りの目星は相応に管理人の場合は付けられるので、実際そのタイミングで逆張りするかどうかはさておき、順張りの目線の固定は新しい発想ながら、やろうと思えばスグに対応できました。要は逆張りを待つのと逆の発想です。

視線を固定するのに秀逸なメテオチャート

上記の考えでメテオチャートを改めて見るようになったのですが、メテオチャートはトレンドを綺麗に表示できるので、その優秀さが光ります。

ただメテオチャートの優れた部分は、トレンドを綺麗に表示できる部分もありますが、入ってはいけないレンジ部分の表示もなされる部分。相場って上・下・レンジの3パターンがありますが、上下の判定をするインジやシステムはたくさんありますが、レンジ状態を表示できるモノは実はそんなに数はありません。

時間足でレンジ相場を判断するのにDAMIANIというインジを利用する方法を当サイトで以前紹介していますが、隠れた人気記事となっており、FX関係者がレンジ相場対策に頭を悩ましている姿が分かります。

関連記事:DAMIANIでFXのレンジ相場を見分ける方法


DAMIANIはこんな感じのインジケーター

メテオチャートはトレードしようとする通貨ペアのトレンドが上なのか下なのか、それともレンジ相場でトレード自体をスルーすべきかが一目瞭然で分かるので、一番最初の相場状況の判断をする際に非常に使えます。

もしタンスの肥やしになっているようなら、以前の記事にも書きましたが足元の相場状況判断用にとっても使えるので、お試しください。ここ最近、管理人はメテオチャートを常時表示させています。

関連記事:メテオチャートをトレンド判断で実践的に使用する

天底チャートの検証でも同じく視線の固定の大切さを実感

先日fx-onでモニターの募集をしていたので「天底チャート」と言う、実は株の世界ではそこそこ古くからあるインジのモニター募集に応募してみました。見事に当選して天底チャートをゲットしたので、現在検証中です。

「天底チャート」の詳細はまた別途記事を作成しますが(モニターですし)、基本的に順張りでの利用を想定しています。

(その後に検証記事を書きました → 「天底チャート」の使用感、パターン認識による相場状況判定に使える

そして「天底チャート」の検証でも思ったのが、視線を固定する大切さ。順張りの時は、視線を上や下とコロコロ変えてはダメ。信頼できる見方を見つけたら、その見方が逆を刺さない限り、もしくはレンジを指さない限り、トレンドの見方は変えない。元来からの順張り派の方からは、当たり前じゃないか、と言われるかもですが、バリバリの逆張り派なので、結構新鮮な驚きだった訳です。

メテオチャートの利用で、順張りには視線の固定が大切と気付いた訳ですが、「天底チャート」の検証で、その思いを強くしました。


現在検証中の天底チャート

逆張り派が順張りトレードを行うジレンマは存在

ズーッとこれまで逆張りトレードしてきたので、順張りトレードは若干ジレンマと言うか戸惑いもあります。ただしスイングならまだしも、デイトレっぽい短期トレードの場合、トレンドに逆らってばかりだと、連敗します。これはハーモニックの実験で経験済み。

関連記事:損切りをためらいなく出来るようになる方法

ジレンマはありつつも、愛用のNinjaTraderで長く利用の順張り指標があるので実は順張りに対して相当に経験もあったりするので、メテオチャートの助けを借りながら順張りの打ち手を増やしているような状態です。

ただやはり、ここは逆張りでしょー、とのタイミングは出てきます。その時は根拠の積み上げ、コレで判断。ま、コレは今まで通りですが、精度を上げるための努力はまだ必要と思います。反転ポイントを探すと言う、一番難しいことしようとしているので当たり前ですが。

まとめ

順張りは逆張りの時のようなハラハラ・ドキドキ感に欠けます。何て言っている管理人、完全に相場中毒のような感もありますが、順張りには順張りのトレンド方向に乗っているという安心感があります。正直これまであまり感じたことのない安心感ですが、メテオチャートで相場状況の判断しながら順張りでトレードしていると、心安らかなトレードできている自分を発見したりもしています。

逆張りを止める予定はありませんが、短期派への移行の過程で順張りロジックの必要性は以前から感じていたので、丁度現在うまく併用させるような形でトレードしています。

そんな中で順張りのトレードの際に、相場の視線を固定させる、という視点の大切さに気が付いたので改めて記事としてみました。逆張りは様々な経験がありますが、順張りはそりゃ初心者ではありませんが、過去そんなに追求していないので、比較的新鮮な発見が多いです。

日本人のFXトレーダーは逆張り派が多い、とよく耳にしますし、管理人もその例に洩れません。ただし逆張りは連敗が付き物で、心が折れてしまうケースもあります。管理人も実験トレードとは言え10連敗した時は、何をしているんだろう・・・、と思ったもんです。

逆張りトレードで行き詰っているようなら(特に短期)、順張り方面にも視線を広げると、管理人のように新しい着想を得ることができるかもしれません。順張りにも一度視野を広げてみてはいかがでしょうか。

当記事の関連記事
メテオチャートをトレンド判断で実践的に使用する

「天底チャート」の使用感、パターン認識による相場状況判定に使える

為替市場の機関投資家の動きを見破るツール、PitViewとeFXPlus

DAMIANIでFXのレンジ相場を見分ける方法

Sponsored Link