FX界隈では有名な「ロンドンFX」というブログを運営している松崎美子氏が書いた「松崎美子 ロンドンFX」(以下「ロンドンFX])を読んでみました。

 ファンダメンタル情報をFXトレードにどう活かすかを事例を使いながら説明してある良書。ファンダメンタル情報は生物なので、本を読むだけでは身につきませんが、それでも勝っているトレーダーの頭の中を覗き見ることができるという、貴重な経験が得られる本です。

 FXトレードにファンダメンタル情報を活用したいと思っている方、テクニカル中心で行き詰まっている方、そして勝っているトレーダーの頭の中に興味がある方にオススメです。

Sponsored Link

ヨーロッパネタの宝庫のブログ「ロンドンFX」

 管理人は結構以前から見ている「ロンドンFX]というブログ。ヨーロッパの経済や政治情報の宝庫とも言えるサイトです。

「ロンドンFX」

 サイトの内容が直接FXトレードに使えるかどうかはさておき、ヨーロッパ経済で何が発生しているか、日本語で読める貴重なサイトと言えます。

 そしてそのブログ「ロンドンFX」運営者の松崎美子氏が書いたのが、その名も「松崎美子のロンドンFX」。ブログと同じ名前ですね。

 ブログのほうは、ヨーロッパの政治や経済情報が中心ですが、本書はFXトレードにおいてファンダメンタル情報をどうやって活かしたらよいか、という点を丁寧に解説する内容となっています。

ファンダメンタル情報をFXトレードに活かす解説書

 本書は、ファンダメンタル情報をFXトレードに活かす解説書的存在となっています。

 テクニカル分析の本は、それこそ書店に行けば山のように積んでありますが、ファンダメンタル情報を使ってFXトレードをしましょー、という本は殆ど見かけません。その意味では、この本は非常に貴重な存在とも言えます。

 プロのFXトレーダーが、ファンダメンタル情報をどうやって咀嚼して、それをもとにどのようにトレードを組み立てていくかを、実例に即しながら解説がなされています。読んでいて、大学入試の参考書みたいだな、との印象を持ちました。
 どういうことかといえば、過去問の解法を解説しているような感じです。参考書の答えを見て、なるほどこういう風に解けばよかったのか、みたいな。

FXトレードにファンダメンタル情報を活かしたいと思う方に最適

 本書は、FXトレードにファンダメンタル情報を活かしたいと思う方に最適。FXにファンダメンタル情報、絶対使えるハズだよね・・・、と思いながらも、それじゃ一体何をすればいいのやら・・・、と思っている方には絶好の参考書となります。

 何から手をつけたらいいか分からないファンダメンタル情報の利用方法を、本書では過去問ではありますが、具体的事例を用いながら提示しています。とりあえず、見よう見まねでも、なるほどこう使えばいいのか、ということが見えてきます。

 ただし、ファンダメンタル情報は生物(なまもの)と一緒です。本書に書いてあることは全て過去問=過去の出来事。受験で過去問がそのまま出てくることがないのと一緒で、あくまでも本書は参考書的位置付けです。過去の問題の解き方は書いてありますが、今後の相場でどうファンダメンタル情報を活かしてトレードしていくかは、自ら考えて行く必要があります。

 けど道筋が見えるだけでも、随分と大きい一歩が踏み出せるのではないかと。

勝っているトレーダーの頭の中を覗き見ることができる

 この本のもう1つの特徴は、勝っているトレーダーの頭の中を覗き見ることができる、ということ。

 相場師は孤独を愛す、という言葉もありますが、トレードは基本的に孤独なものです。勝っていればまだよいですが、なかなか勝てないと、さすがに参ってしまいます。本書は、勝っているトレーダーの頭のなかを覗き見ることができる、という特徴もあります。

 勝っているトレーダー、確かに手法はそれぞれですが、それでも勝っているには当然訳があるので、その訳の一端を覗き見ることができます。これってチャントしたセミナーとか行かないと(何かしらの売り込みセミナーはNG)なかなか経験できないことなので、それだけでも十分に本書の価値はあります。

 勝っている人は、この時こう思っているのか・・・、と考えるだけでも今後のトレードの成長に繋がるのでは?実際管理人も、なるほど~と思う部分が多数ありました。

Sponsored Link

さてポンドをどう扱うか

 松崎美子氏は積極的にポンド(GBPUSD)のトレードをされています。ポンドのトレードについても、多くのページが割かれています(基本的にユーロとポンドのトレードが本書の内容です)。
 ただね、ポンドは管理人過去随分やられているので、ホント見るのもイヤ。実際、本書を読んでもポンドのトレードをする気にはなりませんでした。

 けどポンドで勝っているトレーダーもいる、それを知っただけでも得るものがありました。あんな訳分からない動きをするポンドでも、ファンダベースでトレードして勝っている人がいるということは、動きが分かりやすい通貨であれば・・・。

 松崎氏自身がポンド中心でトレードしているので本書を読んで、いっちょポンドをトレードするか、と思う方もおられるかもしれませんが、ポンドは取り扱い注意通貨です。利用は計画的に、チャント勝てるようになるまで枚数を控えることをオススメします。

まとめ

 当サイトでも以前書いていますが、FXはテクニカルだけで勝とうとするのは非常に何度が高いです。けど本屋に行けば、FXはテクニカルで勝てる!、というような本が多い・・・。いや勝てる人もいるんですが、簡単ではないです。
 本書は、テクニカルでFXを始めてみたけれどうまくいかない・・・、と思っている方が、次のステップに進むキッカケを与えてくれる書籍ともなりえます。そして何はともあれ、トレードで勝っている人の頭の中を覗くことができるので、それだけでも1,500円の価値があります。

 管理人は既に自己流で、ファンダメンタルを考えながらトレードしていますが、それでもナルホド、と思う部分が多々ありました。

 FXトレードにファンダメンタル情報を活かす入門書として+勝っているトレーダーの頭の中を覗く書籍として、「松崎美子のロンドンFX」オススメです。

 
<関連記事>
FXトレードにファンダメンタル情報は必要だと思う件

「ロンドンFX」の松崎美子氏の大阪セミナーに参加

Sponsored Link