多くのFXトレーダーが利用しているボリンジャーバンド。しかしながらボリンジャーバンドは、本来の使われ方がなされていません。それでも、多くの人が見ているから、テクニカルツールとして効果がある時もあるボリンジャーバンド。

 ただしどうでしょうか、本当にボリンジャーバンドのラインで逆張りして勝てていますか?バンドで逆張りしたら、バンドウォークで大きくやられること、頻繁にありませんか?

 もうボリンジャーバンドを使わない、という手も一つありますが、しっかりと本来の使い方でボリンジャーバンドと向き合ってみる、というのも1つの手です。
 ボリンジャーバンドについて、本当の利用方法を勉強するなら「ボリンジャーバンドとATRでダマシを除去する独自手法」がオススメです。(2016年9月7日更新)

まだボリンジャーバンドで消耗しているの?

 えー、某有名ブログからタイトルをパクッてみました。今日のお題は以前取り上げてもいるボリンジャーバンド。ボリンジャーバンドは、平常にメジャーなテクニカルであり、利用されている方も多いです。

 「まだボリンジャーバンドで消耗しているの?」

 ボリンジャーバンドで言われるのが、1σや2σに相場がタッチしたら逆張りする、というもの。けどね、これで勝ててますか?そりゃ勝てる時もありますが、トータルするとよくてトントン、とか。
 
 パラメータ変えたり、フィボナチボリンジャーバンドを使ったりという方法もあります。ただし最初の内は希望を持ってパラメータいじっていても、その内にいつまでコレをすればいいのやら・・・、という状態になっている方、いませんか?
 もうこうなると、まだボリンジャーバンドで消耗しているの?、という状態です。

ボリンジャーバンドで消耗しないために「ボリンジャーバンドとATRでダマシを除去する独自手法」

 これまで多くの人が使っているから・・・、と使ってみたもののうまく使いこなせず、さりとてどうもボリンジャーバンドを外すのに抵抗があって、ボリバンで消耗している方への処方箋は下記。

16.9.7ボリンジャーバンド教材
加速する相場をキャッチ!ボリンジャーバンドとATRでダマシを除去する独自手法

 FX用のボリバン教材となります。

 内容はズバリ、正統派=正しいFXの使い方、です。

 ボリバンの本を読めば事足りる?まぁ確かにその通りなので、そういう方に無理にオススメしません。ただしボリバンの本もそうですが、パンローリングの本、管理人も何冊も持っていますが、翻訳のせいか今一つ腑に落ちないことが多いんですよね。

 管理人はボリバンの本も、本教材も両方持っていますが、「ボリンジャーバンドとATRでダマシを除去する独自手法」を見て初めて、そーいうことだったのか、と腑に落ちた点が多々あります。

 また正直、とっつきにくいボリバンの本ですが、本教材は非常にとっつきやすいです。作者の佐々木氏の教材、内容もそうですが分かり易く説明されている、というのも大きな特徴です。

分かり易い説明でサポートも充分

 佐々木氏の教材はいずれもそうですが、非常に説明が分かり易いです。「ボリンジャーバンドとATRでダマシを除去する独自手法」もその例にもれず、一度見るだけで大枠は把握することができます。

 分からないことがあればシステム上でも、メールでも質問できるので、サポートも充分に受けられますよ。

 また、これは自分に合わないな・・・、というのであれば14日間の返金保証付きです。 

「ボリンジャーバンドとATRでダマシを除去する独自手法」の効果

 「ボリンジャーバンドとATRでダマシを除去する独自手法」から得られるであろう効果は大きく分けて下記3点。

①一般的なボリバンの使い方は正統派ではないと気付かされる
②ボリバンの正しい使い方が理解できる
③今までのボリバンの使い方では勝てないわ・・・、と思うようになる

 既にボリバンを利用してトレードで勝てている人には、当教材は必要ありません。 
 
 この教材で本来のボリバンの使い方を知り、今までのボリバンの使い方と決別できる部分にこそ意義があるのではないかと。

 価格は12,000円也。

 ボリバンで更に消耗してそれ以上の金額をなくすより、先に12,000円払っておくのはいかが?少なくとも今までと同じ消耗はしなくなりますよ。

 ひょっとすると、コリャだめだ・・・、とボリバンを使わなくなるかもしれません。けどいいじゃないですが、これまで使いこなせなかったボリバンと、遂に別れられる切っ掛けになるのですから。ズルズルとボリバンと付き合って、12,000円=1枚でトレードして120pipsやられることを思えば、予防措置として充分投資する価値があります。

「ボリンジャーバンドとATRでダマシを除去する独自手法」から得た管理人の効果

 実は管理人はこの教材を買う頃には、既にボリバンの本も何度も読んでいて、ボリバンはサポレジには使えない、ということは知識からも経験からも分かっていました。
 それでも「ボリンジャーバンドとATRでダマシを除去する独自手法」から学ぶことは多かったです。

 管理人は為替相場も株式相場も、スクィーズ(縮小)→イクスパンション(爆発)、の繰り返しと考えてチャートを見ていますが、その考えは間違っていなかった、と本教材を見て再認識できました。
 また本教材を学んだ結果、スクィーズの場所をより意識して相場を見ることができるようになりました。

 管理人はトレードの際、ボリバンはチャート上に通常は表示させていませんが、ボリバン的に見るとスクィーズの限界点が近いのでそろそろ動きそうだ、という見方が出来るようになったのは、大いなる収穫でした。ちなみに、あやしい・・・、と思ったらボリバンを表示させて確認しています。

 それと為替市場は出来高の考えがありませんが、「ボリンジャーバンドとATRでダマシを除去する独自手法」では擬似的にFXで出来高を表示させる方法が解説されています。これは管理人は目から鱗でした。この内容を聞けただけでも、管理人にとっては非常に貴重な情報となりました。(以前、為替市場の出来高について、随分考えたり調べたりしたことがあったので)

15.12.10ボリンジャーバンド-min
〇部分がスクィーズ=エントリーのタイミング

「ボリンジャーバンドとATRでダマシを除去する独自手法」の欠点

 敢えて「ボリンジャーバンドとATRでダマシを除去する独自手法」の欠点もここで上げておきます。

 欠点は簡単で、同教材はこれまで当サイトが取り上げてきた教材と一線を画しています。

 どういうことかと言えば、「ボリンジャーバンドとATRでダマシを除去する独自手法」はテクニック論になります。

 管理人は相場のテクニック論も大好きです、テクニカル好きですから。ただね、FXトレードで勝とうとすればテクニックの前に知っておくべきことがあります。そのテクニックに入る前に何をすべきかは、下記をご覧いただくとして、FX初心者がいきなり本教材を購入しても、恐らく効果が出るのは時間がかかるのではないかと。だから初心者の方はまず下記の記事で取り上げている教材等で学んでいただいたほうがよいと思います。

[blogcard url=”http://saredo-fx.com/fxsyuho/3osusume/”]

 既にFXトレードについて、一通り理解できていて、トレードの上達のためのテクニックを探しているのであれば、「ボリンジャーバンドとATRでダマシを除去する独自手法」は充分期待に応えられると思います。特に、スクィーズ(縮小)→イクスパンション(爆発)、という相場構成の見方が身に付くのは、得難い経験になるのではないかと。

まとめ

 ボリンジャーバンドって、FXトレードの初期段階で誰しも通ってくる道ではないでしょうか?そして、正直これは使えるのか???、と考え込んでしまうテクニカルでもありそうな。

 ボリバンの一般的な使い方で勝っている人がいるもの事実ですが、うまく使えず困っている人が大多数というのも、これまた事実では?そして、本来のボリバンの使い方は分かった、じゃあ実際どう使うよ?、という方も少なからずおられるのでは。

 FXの教材でも、トレードのテクニックの色合いの強い教材なので、ズバリこれだけ買えばFXで勝てますよ!、という教材ではありません。しかしながら、スクィーズ→イクスパンション、という相場構成の見方が身に付いて、トレード技術の向上に大きな影響を受ける教材です。

 基礎は身に付いてトレード技術の向上に飢えている方、そして特にボリンジャーバンドで消耗している方に「ボリンジャーバンドとATRでダマシを除去する独自手法」をオススメします。