Sponsored Link

トレードの際に記録を取っていますか?可能であれば売買の日時や理由等を記した文字ベースの記録と、どの時点で売買を行ったのかがわかる過去チャートの2種類の記録を取るべきです。

自らの過去トレードが、実は最高のFX教材となります。ノートに売買記録を付けるだけではなく、チャートも印刷しておくとトレードの振り返りをよりリアリティを持って行うことができるのでオススメです。

トレードの記録取っていますか?

FXトレードに限りませんが、株式でも仮想通貨でも、トレードの記録を付けている方はどの程度いるのでしょうか?

管理人は内容はさておき、ほぼトレードの記録をノートに付けています。正直、単にエントリー時間と通貨ペア、そして決済の時間と損益(pips数と金額)だけの簡単な記録の頃もあります。ただしそれでも過去のトレード記録を見ると、しょーもないトレードしているな、とタマに昔のトレードノートを見ると情けなくなる時があります・・・。

紆余曲折ありましたが、トレード上達にはトレード記録を取ることが必要不可欠と考えるに至っています。それもできれば2種類。1種類はいつエントリーしていつ決済したかの分かる文字ベース、そしてもう1種類はトレードした時のチャート。

この2種類の記録をトレードの都度蓄積して、時間のある時に振り返れば、FXに限らずトレードの上達スピードは上がるのではないかな、と考えてます。管理人、前者はそれこそFX始めた頃から記録取ってますが、後者は結構適当でした。ところが、ヤボ用でカラープリンタを購入して、折角なのでトレードのチャートを印刷するようになってから気付きました。

正直手間はかかりますが、できるだけ2種類、2種類は無理ならどうにか文字ベースだけでもトレードの記録を取ることをオススメします。

過去のトレード記録は、トレード上達の最高の教材になるのは間違いありません。少なくとも記録を取り始めれば、そんなに時間たたずに同じ失敗繰り返して損をしていることに気付きますので。

関連記事:FXで同じ負けトレードを繰り返さない大切さ、過去検証してますか?

記録1:エントリーと決済の状況、根拠も残す

トレードの際に、最低限エントリーと決済の状況は残しておきたいものです。

①エントリーの通貨ペア、時間、ショートorロング、取引数量
②決済と損切りの注文(OCOの場合)
③決済の損益(pips数と金額)
④エントリーの根拠
⑤決済の根拠

普通のノートにトレードの都度、上記を記すだけなので、そんなに負担はありません。上記の①②③は初心者でも書くことができます。

初心者の場合②が抜けている場合もありますが、必ずエントリーの際に②も注文入れてしまいましょう。後で手動で損切りを入れると、ズルズルと損切り遅くなって取り返しがつかなくなる可能性がありますので。

あと④⑤は是非とも入れたいところ。恐らく初心者のうちは、④⑤は全然意識がないと思います。だからダメなんです・・・。

何の根拠でエントリーして、何の根拠で決済したのか。正直、根拠があったところで負ける時は負けます。ただし総合的に期待値プラスの根拠は存在しますし、それを自ら見つけないと話しになりません。④⑤をしないと、いつまでたっても泥縄式のトレードから抜け出せません。

裁量トレードなのでシステムトレード並みの厳密なルールは必要としませんが、こんなルールでトレードしています、と簡単でも第三者に説明できるような根拠でトレードしないと、いつまでたってもトレードは上達しません。そのためにトレードの都度④⑤は事前に考えて、必ず記録に取っておくこと。

トレードの際に④⑤の記録を取る事は実は、トレードの際に根拠を常に考えることに繋がるので、是非④⑤も行うように・行えるようにしたいところです。

記録2:トレードのチャートをプリントアウトする

可能であればエントリーした時と決済した時の2度、それが手間なら決済が終わった後で、トレードのチャートをプリントアウトすること。

プリントアウトしなくても、ワードやエクセルに画像貼り付けて電子的に保存するのでもOKですが、アナログな管理人はPCの電源が入っていなくてもスグに振り返ることができるプリントアウトをオススメします。

記録1で文字ベースでの記録は残せますが、実際にどんなチャートの場面でトレードしたかを知ることは、過去を振り返るとき抜群に役立ちます。本当はエントリー時から画像を保存するのがよいのですが、管理人はモノグサなのでトレードが終わった後で一連の画像を保存しています・・・。それでも十分役立ちます。

記録1と合わせて見ることで、あの時にどんな気持ちで+どんなチャートの時にエントリーしたか、結構リアルに思い出せます。何を自分はやっていたんだろう・・・、的な。

記録1は相当昔からとっていましたが、記録2のチャートは取ったり取らなかったり。けど残っているチャートはかなり貴重です。昔のチャート見ながら、今はここでは入らないよなー、と思ったり。そう考えると、多少はトレードが上達したんじゃないかな、と思うこともできます。

記録2のチャートは様々なテクニカル分析やマルチタイムフレーム分析している場合、全て記録したほうがよいです。正直面倒ですが、やるだけの価値はあります。面倒なら面倒なりに、どうやったら手間がかからないか、考えた上でやることをオススメします。

カラープリンタでの印刷がオススメ

管理人、長らくモノクロプリンターを愛用していましたが、ヤボ用でどうしてもカラー印刷する必要が出てきて、年に何回も使わないので最安値のカラープリンタを購入しました。

安物のカラープリンタとはいっても、折角購入したので、チャートでも印刷するか、とカラーでチャートの記録を印刷するようになって驚きました。過去検証に圧倒的に使えます。

モノクロでは記録的なかった数々のテクニカル指標の状態が、カラープリンタだと一目瞭然。そもそもカラーなのでパッと見て状態が分かります。

いやもう何で最初からカラーでチャートを印刷しなかったか、相当後悔しました。チャート印刷はカラーが圧倒的にオススメです。

カラープリンタは安いのであれば5,000~6,000円で購入できます。トレード上達のための投資と考えればば安いもんです。記録用のチャート印刷するなら、カラープリンタを絶対的にオススメします。

数年来のモノクロレーザープリンタユーザーですが、チャート印刷に限れば完全にカラー派に乗り換えました。お金に余裕があれば、カラーのレーザープリンタか大容量のインクジェット買うのですが・・・。

FXトレードの早期上達には、安い機種でよいのでカラープリンタは必需品ではないか、と思うに至っています。

Sponsored Link

自らのトレード記録は最高のトレード教材

過去の自分のトレード記録は、最高のトレード教材になります。エントリーの時に何の根拠で入ったのか、そしてその結果どうなったのか、自分にしか分からないリアルな根拠や心境を振り返ることができます。

いくつか記録が溜まれば当然いい面と悪い面の傾向が出てくる訳で、悪い面を繰り返さないようにすれば、当然理論的にはトレードの成績は上がります。

コレが他人のトレード記録だと身になりません。そりゃ他人のトレード、興味はあってもどうしても他人のトレードでしかありません。その点、自分のトレードはよくも悪くも学ぶ部分が多いです。

あと後から振り返ることで、自分のトレードを客観視できます。トレードの最中は、自分の客観視ってなかなか出来ないものです。それが過去検証であれ冷静に、自分に突っ込みを入れることができます。

当然突っ込んで終わりでは意味なく、次のトレードに活かさなければ意味はありませんが、過去の記録を取ることで、トレード時の自分に突っ込みを入れることができます。それだけでも、十分記録を取る価値はあるのではないかと。

先日、数年前の簡単なトレード記録を本棚の奥から見つけましたが、過去の自分に突っ込みまくりでした。特に資金管理の意識がない自分が情けないくらい・・・。やはり資金管理は大切だわ、と再認識する結果になりました。

あとやはり損益比率考えないとダメだわこの人(←過去の自分)、と突っ込んでみたり。さすがにそれから数年の月日がたって、多少トレードについては語れるようになっているようです。

ともあれ過去のトレード記録を見ると、トレード手法の部分は仕方がない部分はあるにせよ、資金管理を無視した今の自分では考えられないトレードをしており、それはそれで反面教師的に学ぶところがありました・・・。

関連記事:資金管理を踏まえたFXトレードを簡単に行う方法

まとめ

記録1、記録2というように2種類の記録を取る事を紹介しましたが、面倒であれ何らかの形でトレードの記録は残すべきです。ホント過去の自らのトレード記録は、何者にも変えがたい最高のトレード教材になります。

アホみたいな損切り、何でこんなところでエントリーしたのか等、突っ込みどころがありすぎて笑ってしまうこともあります。けどそれができるのは自分のトレードだから。トレードって、同じ失敗を繰り返す傾向にあるので、同じ失敗の場所や原因の特定に過去の記録は有効ですし、その改善策を考えるのにも有効です。

トレードはテニスに似ていて、ミスしたほうが負けます。同じ失敗=同じミスを繰り返していては、いつまでたってもトレードでは勝てません。特にゼロサムゲームのFXの場合は。

どんな手法を採用するのであれ、とにかく簡単でもいいのでトレード記録を残すことをオススメします。まずは簡単な記録を付けるところから始めてはいかがでしょうか。

PS 記録を取りながらのトレードするならSBI-FXがオススメです。1通貨単位でトレードできるので、柔軟に資金管理を行いながらトレードできます。自らのトレードに自信を持つことができるまでは、資金管理重視のトレードでまずは生き延びることが大切です。
SBIFXトレードの詳細を見る
SBIFXトレード

トレード記録の関連記事
資金管理を踏まえたFXトレードを簡単に行う方法

FXで同じ負けトレードを繰り返さない大切さ、過去検証してますか?

Sponsored Link