Sponsored Link

通常の片張りトレードより勝ち易いのでは?、アービトラージでの実トレード後の正直な感想です。

株のサヤ取りの経験がある管理人にとっては、勝手知ったる部分のあるアービトラージでしたが、それでも原油とCADを扱うのは初。どうにか形にするのに約半年かかりました。けど何とか利益が上げられるトレードが出来ています。

原油とCADのアービトラージについて、そして管理人が学んだ「成果を残す資源通貨アービトラージ」について解説いたします。

アービトラージ取引をとは

もう充分マニアックな所まで来ている管理人のトレード生活ですが、更にマニアックな世界に突入しています。表題の通りアービトラージ=裁定取引始めてみました。

アービトラージや裁定取引と言うと難しい?サヤ取りと言えば分かり易い?全部同じトレード手法を指しますが、要は似たような値動きをする商品2つを用意して、割高なモノを売って・割安なモノを買う、です。

片張り投資と違って、似たような=相関する値動きを見せる商品2つをトレード対象にするので、変なことにはなりにくい(=大負けしにくい)、です。あと、サヤが開いた所を狙うケースが多いので、逆張り派にオススメです。逆張りラブの管理人はまさにそのケース。

アービトラージとか裁定取引と聞くと難しい・・・、とどうしても思ってしまいますが、慣れれば簡単です。とは言ってもやはり非常にマニアックな世界なので、最初のハードルは高いかもしれません。

けどね通常のFXトレードで勝てなくても、アービトラージなら勝てる可能性があります。相関性が作用する(=一方向に一気に相場が進みにくい)ので日本人が好きな逆張りが効きやすいのと、比較的勝率高めなのでメンタル的に楽です。

通常のFXトレードに苦労しているようなら、一歩進んでアービトラージに行ってしまった方が、同じ苦労するのでも成果が出るのが速いです。コレは管理人の実体験。いつまでもFXで勝てない・・・、と言うのならモノの見方変えてアービトラージにトライするという方法、悪くないと思います。何せFX歴10年超えてしまった管理人ですが、コツをつかんだ後の利益の出方はアービトラージが一番素直です。利益も損切も分かり易い、安心してトレードに取り組めています。


・実際に取引した部分も含めた取引イメージ

株のサヤ取りの経験が活きている

実は管理人、一時期株のサヤ取り=アービトラージやっていました。別にアービトラージをするのは為替や商品だけでなく、株でも可能です。

同じような値動きを見せる銘柄を2つリストアップして、タイミング見て「売り」と「買い」をセットで注文する、そしてタイミングを見て決済。これの繰り返しです。

銘柄の相関係数出すツールこそ有料ツールを利用していましたが、あとはエクセルでゴリゴリ分析してトレードしていました。今振り返れば、投資金額に比べるとそんなに儲からない=資金効率イマヒトツ、と感じますが、そこそこ利益は出ました。ただし銘柄のリストアップのために、日々エクセルを使い続ける必要があり面倒だったのと(多分、自動化はできたと思いますが)、決算の上方修正・下方修正で値が飛ぶリスクに辟易したのとで、最終的に撤退しました。

株の場合、とにかく決算が鬼門です。そして決算発表前にある、決算の上方・下方修正。決算の修正があると相関が崩れて損切になるケースが多く、コノ部分がどうしても好きになれず・・・。何度か書いていますが、トレードって自分のタイプに合わないと続きません、まさに株のサヤ取りは鬼門の決算が好きになれず・・・。あと相応に利益出そうとしたら、結構な金額用意する必要があるので(月10万円の利益出そうとしたら、100~200万円必要、まぁ冷静に考えれば充分な利益率ですが)、少々資金的に重かったのと複数銘柄追いかけるに疲れました・・・。

半年近くやって、それでも収支はプラスで終えたので、ヨカッタヨカッタで終わっています。

損切の大切さを学ぶ

株のサヤ取りで最も学んだことは、ズバリ“損切の大切さ”。別に通常のトレードでも損切の大切さは一緒なんですが、サヤ取りって勝率の高い分、適宜損切を入れないとズルズル持ち越して、気付いたら損切できないくらい含み損・・・、といういつものやられるパターンに陥りやすいです。

確かに片張りトレードより相関性が効いているから予想と逆方向(サヤが更に拡大する)に行っても、戻るケースが多いんですよ。戻らない時はジワジワとやられて、ホントキツイです。

サヤ取りやアービトラージ・裁定取引と言っても、相場を相手にするので勝率100%なんてのはあえませんよ。この認識は相当大切で、アービトラージを勝率100%のトレード手法と考えると大やけどします。いくらアービトラージの勝率が高いからって、相場に100%の魔法はありませんって、残念ながら。下火になったようですが仮想通貨のアービトラージも一緒で、損切りを入れられないと大やけどします。

サヤ取り・アービトラージに限りませんが損切はホント大切です。株のサヤ取りで、損切の重要性を痛感していたことは、今回取り組んだ原油とCADのアービトラージに大いに役立ったことは言うまでもありません。

原油とCADのアービトラージを始めようとした訳

株のサヤ取りをしていたくらいなので、アービトラージ自体には興味がありました。ただし具体的なアイディアはない中で存在を知っていたのが、佐々木先生の「成果を残す資源通貨アービトラージ」。ただしお値段15万円・・・。

おいそれと投資はできないよなー、と思っていたのですが、実は春先にチョットしたボーナスがあって、そのボーナスを思い切って「成果を残す資源通貨アービトラージ」に投じました。高額教材なので、久しぶりに身銭を切ったなー、という感がありました。


「成果を残す資源通貨アービトラージ」の詳細を見てみる

成果を残す資源通貨アービトラージ」の内容

「成果を残す資源通貨アービトラージ」は佐々木先生と、自ら投資会社を運営しているバーグインベストメントの吉中先生のお二人の過去の共同セミナーがベースの動画講義です。

前半は佐々木先生のパートで後半は吉中先生のパート。そして残りが、セミナーの内容の補足。サイトにログインすると動画の目次は見る事ができるので、興味があればまずは目次を見てみる事をお勧めします。

そして各動画で原油とCAD(USD/CAD)のアービトラージの方法を学んでいきます。

この辺りはまた別途レビュー記事作ろうと思いますので、しばしお待ちください。

Sponsored Link

モノになるまで約半年かかる・・・

「成果を残す資源通貨アービトラージ」の手法がモノになるまで約半年かかりました・・・。

ズーッと本気で「成果を残す資源通貨アービトラージ」を学んでいたかと言えば、そんな訳はありませんが、それでも最初の1-2か月はそれこそ毎日何かしらしてました。

そして確かに利益の出るロジックは作る事が出来たのですが、実際にトレードするとなると、うーむ・・・、という状態。サイン出るの真夜中が多く、そこまで対応しきれませんがな・・・。

何とかならんものか・・・、と思いつつ時間ある際に動画を見直したりアイディアを試したりと流す日々。気付けば8月の毎年恒例の勉強月間となり、今回は春からの宿題のアービトラージの巻き直しを決定しました。

「実戦トレーディングカレッジ」を別途購読しながら、再度ほぼゼロベースで取り組んでみました。一旦利益の出そうなロジックは出来ていたので、ゼロベースとは言えコツみたいなのはあったのですが、8月の再勉強で新しい気付きを得て、これなら、と言うものができて実運用を開始して、現在に至っています。約1か月、若干の試行錯誤はありながらも、ベースとなるロジックはそれ程変えずにトレードしながら、利益は出ています。

まだできる事はありそうですが、ともあれ“利益を出す”という最低限の目的は達成できています。


「実戦トレーディングカレッジ」の詳細を見てみる

まとめ

途中で流していた期間があったものの半年近く色々触ってロジック組み立てているので、それなりの完成度で原油とCADのアービトラージやってます。

片張りのトレードに比べると安心感があります。アホみたいな連敗リスクはないので、ロットを上げられます。このロットを上げられる、という部分が大きいです。連敗リスク考えると、そんなに大きなロットでトレードできませんでしたが、ロット張れるので専業トレーダーも目指せるかも!?

「成果を残す資源通貨アービトラージ」で吉中先生が、「面倒なのは最初だけ。最初は時間を惜しまない」、と仰られていますがホントその通りと感じています。最初に時間使ってロジック作り上げれば、あとは微調整をトレードしながらすれば何とかなります。実際なんとかなっています。

また吉中先生が「トレーディングカレッジ」で、「トレードで勝っている人は他人と違う所で戦って勝っている」、ともコメントされていますが、アービトラージやると、確かにそうかも・・・、と感じるところが大です。FXの片張りトレードに比べると、確かにアービトラージは最初のハードル高めですが、最初に頑張って向こう側に入る事が出来れば、通常のFXトレードより難しくありません。

最初のハードル超えられずに挫折してしまう方も多そうですが、管理人の例から見て恐らく1~2か月あれば教材見ながらロジックは作る事ができます。そこから熟成期間が必要として、半年あれば勝てるトレードができるようになる“可能性”があります。その可能性は、恐らく通常のFXトレードよりは高いです。

元々株のサヤ取り経験者なので、若干の知見があった部分はありますが、原油とCADのアービトラージのロジックはゼロベースで教材+「トレーディングカレッジ」を見ながら作りました。

相当骨太ですが、下手にテクニカル系のFX教材買うより、トレードで勝つ、という観点では「成果を残す資源通貨アービトラージ」で、自らのアービトラージのロジックを作って実践した方が速いと考えます。

正直結構な投資が必要です。ただし管理人としては充分に得るものがありました、恐らく年内には教材代は回収できるでしょう。

誰でも手軽に簡単に勝てる、とは口が裂けても言いません。管理人も半年の月日を費やしています。しかし、しっかり学んで考えて手を動かせばモノにできます。そしてそのロジックは恐らく一生ものです。

経験をいくら積んでもFXで勝ち切れない・そもそも勝てない、と悩んでいるようなら「成果を残す資源通貨アービトラージ」でアービトラージの門を叩くという選択は、勝つための第一歩となる可能性があります。いつまでも片張りのFXトレードで負け続けているつもりですか?努力は嘘をつかない?イエイエ、間違った努力は平気で嘘をつくbyダルビッシュ有です。

自らの試行錯誤が必要ですし金額も高いので、お試しあれ、と簡単には言えません。難しいのでは?、と思うのは当然ですが、ハードル超えれば片張りトレードより勝ち易いです。株そして原油とCADのアービトーラージの経験から言えます。

やればやっただけの成果は得られます。いつまでたっても勝てないトレードからおさらばするために、本気で取り組む決意がある方に「成果を残す資源通貨アービトラージ」をオススメします。


「成果を残す資源通貨アービトラージ」の詳細を見てみる

当記事の関連記事
FXは難しい!CFDや先物など他の商品への応用も考えてみる

友だち追加

Sponsored Link