FXトレードで一度利益が乗ったら、伸ばせるところまで利益を伸ばす!、コレって言うのは簡単ですが、イザ実行しようとすると非常にハードルが高い。

 利益が20pipsを超えたらトレールで損切り注文を上げていきましょー、と言うのも簡単にできないんですよコレが。20pipsでトレールして、何度も収支トントンや戻りで決済させられた経験があります・・・。

 そんな中で見えてきたのは、FXのデイトレはMax50pipsでの決済がいいんじゃないか、ということ。ここ3ヶ月の売買データを眺めて見ると、利益を50pips以上伸ばすより、50pipsで決済していたほうが、確実に利益が残っています。

 50pips動いたら一旦相場は反転するよね、と感覚的に分かる方から、そんな意識のない方まで、FXのデイトレで行き詰っていたら、利益確定は50pipsにしたら新しい世界が見えてくるかもしれませんよ。

Sponsored Link

スイング派からすると50pipsは少ない・・・

 ようやくFXの短期トレーダーとして、どうにかトレードをしている管理人ですが、元はスイング派です。ファンダ読んで、フィボナッチやハーモニック考えて、他の通貨の相対性考えて・・・、と言うのが以前のトレードスタイル。

 スイングだと大きなポジション持てない+土日にポジション持ち越したくない、との思いから、過去の苦い思いはありつつも、短期トレードに注力するようになりました。そして何とか月ベースで負けなくなっています。

 相変わらず時間があると過去の検証等してますが、先週50pipsまで行った後で反転し、結局収支トントンで決済したトレードがありました。50pipsって短期トレード目線だと、結構なpipsですが、スイング目線で見るとそれ程でもない。

 ただね、過去何度か同じようなケースがあって、その結果少なくとも50pipsまで行ったら損切りをエントリー位置に動かして、少なくとも負けはないようにしています。

 それでもやっぱり50pipsも含み益が出来た後での撤退は悔しい!そんな訳で、今回初の試みとして、仮に50pipsで利益確定していたらどうなっていたかを、過去の売買履歴から検証してみました。


一旦50pipsで決済するのは全然アリ

3月以降の売買データ、4回の機会損失を発見

 管理人の売買メモ、最近はエクセルで管理していますが(いずれ記事書くかな、エクセルでまとめると結構よいです)、最後に自由記入のメモ欄を用意しています。そこを見ると、50pipsまで行って逆行した・・・、的な記述があるトレードが複数回あります。

 2月から5月までの3ヶ月間のトレードでそんな記述があったのは4回。各トレードは以下のような結果となっていました。

①▲0.2pips
②▲19.0pips
③+6.9pips
④0pips
合計▲12.3pips

 3ヶ月で4回なので、月に1回は50pipsまで行って、その後反転して涙を呑んでいます。そしてコノ4トレードが全て50pipsになっていると、+200pips。①②はマイナスになっていて、③はプラスなので、①②③のプラス・マイナスを差し引きすると212.3pipsとなります。

 お次は50pips以上取れたトレード。

①55.8pisp
②51.4pips
③113.1pips
④78.3pips
合計298.6pips

 50pips以上取ったのは、3ヶ月で4回。③④は大勝です、スイングトレーダーだった頃の面目躍如たるものがあります。そして上記を全ての合計が298.6pips。この4トレードをMax50pipsとすると4トレード合計で200pips。差し引き▲98.6pipsとなります。

 よって、仮に50pipsを利益確定のMax値とした場合は、212.3pips-98.6pips=113.7pips。

 何と100pipsも無駄にしています。そりゃ確かに、100pips取ったどー!、とやるのは爽快ですが、何のことはない、利益確定は50pipsMaxでトレードしていたら100pips以上、利益が上乗せできていた・・・。これには驚きました。

 ちなみにほぼ収支トントンで撤退した①は3月のトレード。それ以前は実は50pipsの含み益になっても、損切りライン動かしてなかったので(②で元に戻してやられてますが・・・)、それ以前に何度も50pipsの含み益が出来たのに損切り撤退・・・、という悔しい思いを何度もしています。。。そう考えると、とりあえず3ヶ月で約100pipsを利益確定50pipsで設定していれば獲得できていますが、それ以前のトレードを考えると、2017年で200pips以上損している可能性があります。。。嗚呼もったいない。

 そんな訳で、当面利益確定は50pipsMaxで臨もうと思います。いやもう上記のように数字で証明されちゃったら、そうせざるを得ません。何かもったいないなぁ、という思いがあって、これまで50pipsの利益確定はしていませんでしたが、ここまで数字で50pips利益確定のメリットを提示されるともう、導入しない手はありません。

Sponsored Link

ポジションを持っていると安心する病?

 長くポジションを持ってしまった結果、含み益がなくなってしまうケース、上記のように相当もったいないことをしていた訳ですが、コレもう1つの側面があります。

 ポジポジ病の一種だと思うのですが、”ポジションを持っていると安心する病”、にかかっているっぽいです。マーケットに資金を置いているとなぜか安心してしまう・・・、そうでなければ、エントリーの苦悩をしたくないがために、一度ポジションを持って含み益になったらなるべく長くポジションを持とうとする。元スイングトレーダーなので、トレード回数はそれほど多くなくても全然平気なんですが、折角うまく行ったトレード、次のトレードで成功する保証はないので、なるべく長く保持しよう、そんな意識が働きます。その結果が50pipsあった含み益が気が付けば、損益トントンに・・・、ああ50pipsで利益確定しておけばよかった、こんな感じ。

 トレードって手法を始めとするテクニックの部分も大切ですが、メンタルというか考え方の部分が、テクニックの部分以上に大切、と最近感じることが多いです。Max50pips利確問題も、同じ文脈でメンタル面の問題が多いように感じます。

 そうかここでもメンタルか・・・。けどホント、トレードって色々な所でメンタルが絡んできます。過去のトレードの検証をすればするほど、メンタル面の問題がクローズアップされます。

 裁量トレードやめてシステムトレードに移行する方も多いのですが(特に短期)、その気持ちが最近よーく分かるようになりました。まぁ管理人は、今のところはシステムトレードに移行の予定はありませんが。

 けどメンタルの問題はホントやっかい。手法に問題があるかと思ったら、実は問題は本人にあった、何てことザラにあるんじゃないだろうか・・・。

 問題は手法ではなくトレードしている本人にあった、というお話、相当深いテーマなのでいずれ記事にしようと思います。実際のトレードを行う際は、自分の中の①トレード手法作ったり考えたりする人、②実際トレードする人(管理人はオペーレーターと言っています)、の2人に注意を払う必要があります。前者の意識は殆どの人が持っていますが、後者の意識持ってますか?管理人は殆ど持っていませんでしたが、最近持つようになりました。自分がいかにポンコツオペレーターに売買を任せていたか、思い知る機会がありましたので。

まとめ

 最後は若干メンタルの話に入ってしまいましたが、ともあれFXの短期トレードでは50pipsに達したら利益確定してしまったほうが、総合的に利益が残る、という結果に管理人はなりました。

 以前から、利益が50pipsに乗ると反転しやすいよなぁ、と思っていましたが、ある意味でそれが証明された形です。やはり数字で証明されると、現実を受け入れられます。コレがトレードで記録を残すメリットですね。やはりトレードは記録残さないとダメだよなぁ、と再認識しました(それも後で振り返りやすいようにすることがポイント)。

 そんな訳でFX短期トレードで伸び悩んでいる方、ホームラン狙いの大振りせずに、Max50pipsの二塁打狙いで行ってみてはいかがでしょうか?考えてみれば、デイトレはホームランを狙うトレードではないので、まぁ何を今更、という感じではありますが。

 改めて過去の売買データから検証したら、50pipsでの利益確定の優位性が確認できたのでご紹介まで。よろしければお試しください。

株価予想の関連記事
FXで同じ負けトレードを繰り返さない大切さ、過去検証してますか?

チャート予想をするアプリ「Wips FX」、口座開設なしでも使えます

Sponsored Link