FXはトレンドに乗るのが大切!よく耳にする言葉です。FXに限らず株も先物も、トレンドに乗ることが大切!

 けど一言でトレンドといっても、何がトレンド?目先のトレンド?長期のトレンド?15分足でトレードする時は、どのトレンドを見ればいいのか?

 トレンドってホント奥の深い問題だと思います。人間のパターン認識能力は融通が利きすぎます、ここが全ての原点かもしれません。トレンドと簡単に言うなかれ、トレンドを捕まえるのってホント難しいと思います。

Sponsored Link

未だに分からないトレンド

 管理人、FXに関わるようになって数年がたっていますが、正直未だに”トレンド”について明確な回答を持ち合わせていません。そりゃトレンドを把握する方法、恐らく人並み以上に知ってますが、決め手に欠けると言うか、しっくりこないと言うか・・・。結局、長期足のトレンドがトレンドなのか、目先のトレードしようとしている足がトレンドなのか?じゃあ短い足と長い足、トレンドが反対だったらどうするの、とか。あるインディケーターは上昇トレンドで、あるインディケーターだと下落トレンド。この場合はどう考えたらいいのか・・・。

 トレンド、と一言で言いますが、奥が深すぎる!、と思ってます、本音で。トレンド捉えるなんて簡単だ、と言うブログ見ると、ほんまかいなぁ、と思ってしまいます。ええ、管理人のパターン認識能力が劣っているだけかもしれませんが、FXに携わって数年、未だにトレンドについてコレ、という明確な答えを持ち合わせていません。

16.3.3分からない-min
トレンドの把握って永遠のテーマの可能性も・・・

相場はスクイーズ(停滞)とイクスパンション(爆発)の繰り返し

 トレンドがよく分からない・・・、と思った管理人、とりあえず行きついた先は、相場はトレンド以前に、スクイーズ(停滞)とイクスパンション(爆発)の繰り返し、という考え。トレンド関係無しの相場の考えです。

 方向性=トレンドを考えないとすれば、相場は停滞相場(スクイーズ)があって、その後に爆発(イクスパンション)がある、と言う考え方、非常に理に適っていると思います。動かないとき=レンジ相場、そしてレンジ相場でエネルギーを溜めて、次のタイミングで一気にブレイク=爆発=イクスパンションする。ね、チャート見ると大体こんな感じで動いていると思いませんか?

 FXだと東京時間がスクイーズでロンドン時間のスタートする頃にイクスパンションが始まる、というのが一つのパターン。

 この考え方、確かに理に適っていて、管理人も全面的に賛成しますが、方向が分からない!スクイーズの後のイクスパンションの方向は分からない、というのが前提になっており、この相場構成の考え方では、相場の動きは読めますが、相場の方向は分かりません・・・。

 安直にイクスパンションの第一波をブレイクと捉えると、第二波が逆に行って、結局損切にあった・・・、ということもしょっちゅうあるので、もうイクスパンション単体でのトレンドは考えない方がベターかもしれませんし、管理人はそうしています。

 そしてベストではなくともベターな策として、一つ以上上のタイムフレームのトレンドでもってトレンドと考える、というのがあります。基本15分足でスクイーズとイクスパンションを見て、1時間足でトレンドを見る、こんな感じです。

トレンド=相場観にならざるを得ない?

 今のトレンドは上昇トレンドだから、これからロングで入る、と言ったそのトレンド、その根拠は?
 トレードは根拠の積み上げですが、トレンドを何で根拠付けするか、特にトレンドフォローでトレードされる方には、特に大切な問題です。

 究極的には、トレンド=相場観、になってくるのではないかな。今日のドル円は上昇トレンド、という相場観を持ってチャートを見れば、上昇トレンドのように見えるし、逆に下落トレンド、という観点で見れば、同じチャートを見ても下落トレンドに見えてきます、コレ本当に不思議なんですが。けど人間のパターン認識能力は変幻自在。だまし絵というのがありますが、同じ絵柄を見ても、人によってとらえ方が違う、相場におけるトレンドもそれに近いかもしれません。

 だから究極的にはトレンド=相場観になって来るかも???

Sponsored Link

通貨強弱を考えると同じトレンドでも意味合いが異なる場合があります

 FXってUSDJPYとかEURUSDとか、通貨が2つ、通貨ペアで構成されています。ここが更にトレンドを複雑にします。

 例えば昨日のUSDJPYの上昇と今日のUSDJPYの上昇、意味が異なることがあります。どーいうことかと言えば、昨日のUSDJPYの上昇は、USDが上昇(買われた)+JPYが下落(売られた)、その結果のUSDJPY上昇。今日のUSDJPYの上昇はUSDの上昇+JPYの上昇、両通貨ともに買われたが買われたのはUSD>JPY、その結果のUSDJPYの上昇。

 別にUSDJPYが上昇していればそれが分かればOK、というのであればスルーしていただいて結構。しかしながら多通貨でトレードしようとすると、この通貨強弱の考え方は避けて通れません。

 上記の例で言えば、USDが買われて、JPYが売られるケースだけがUSDJPYの上昇であれば、FXはどんなに分かりやすいか・・・。USDもJPYも買われた場合、USDがより買われればUSDJPYは上昇、JPYがより買われればUSDJPYは下落となります。

 通貨ペアは通貨同士の綱引きでレートが上下しますが、ここがFXの難しい所であり、面白い所。ただしトレンドという観点では、通貨強弱はFXのトレンド把握を更に難しくしている部分となっています。

一度トレンドについてよーく考えてみては?

 で結局結論は何なのさ、と言われれば、まだ結論は出ていません。。。

 ただFXの初心者や初級者の頃って、それ程トレンドについて、真剣に考えてなかったな、と振り返れば思います。まだ全然ベテランの域にも行っていませんが、トレンドって一体なんだろう・・・、と思うようになったの、多少なりともFXというものが分かり始めてからかもしれません。管理人が全然FX下手っぴの証拠の可能性もありますが。

 そんな訳で、FXで伸び悩んだり・全然勝てないや・・・、と思っている方がおられれば、トレンドについて一度真剣に考えてみると、何かしらヒントがあるかもしれません。いや、そう簡単に答えは見つかりませんし、この商材買えば全ての問題解決、ということにもならないと思います。けどトレンドについて真剣に考えることで、何か新しい視点や発見を得られる可能性があります。トレンドって考えれば考える程分からない・・・、という結論でもいいのでは?今まで、分からなかったものを分かったつもりだった、ということが発見できるだけでもメッケもんですから。

 管理人もまだ全然全貌がつかめていないFXのトレンド。トレンドはフレンドと言うけれど、フレンドになるのはトッテモ難しいです。久しぶりにデイトレ~スキャルの手法を色々やっていて、トレンドについて改めて考えさせられたのでこんな文書を書いてみました。ホント、トレンドって思った以上に奥の深い世界だと思います。

Sponsored Link