Sponsored Link

2021年4月に外為どっとコムの子会社になった上田ハーローFXは、『テクるオート』というPIVOTを活用したシステムトレードサービスが提供されています。

知る人ぞ知るFX会社で、知る人ぞ知るサービスの『テクるオート』ですが、個人的に日頃からPIVOTを見ており、また確率に基づくトレードに以前から興味があったので、口座開設を行い試しています。

まずは第一弾ということで『テクるオート』と、実際にトレードを行っている『UHプレミアムMFX』の簡単な内容をご紹介します。

4月に外為どっとコムの子会社になっていた上田ハーローFX

5月にGMOクリック証券によるYJFXの買収が発表された時に調べ物をしていて気付いたことがあります。上田ハーローFXが4月に外為どっとコムの子会社になっていた。。。

上田ハーローFXなんて聞いたことがない、という方が殆どのマイナーなFX会社です。けど短資会社(金融機関同士の短期資金の仲介を行う)の八木上田短資の子会社として設立されたFX会社で、実は知る人ぞ知るFX会社です。

FX業界も久しくなかった再編が進むのか?、と思い見ていたら上田ハーローFXの『テクるオート』というサービスに目が止まりました。変わったサービスやってる、ということはなんと無しに気付いてましたが、改めてそのサービスを調べてみることに。するとなかなか面白いことに気付き早速口座開設してお試しでトレードすることを決意しました。

『テクるオート』はリアルタイムPIVOTを活用したシステムトレード

管理人は裁量トレードの際は必ずDaily Pivotを表示させています。『テクるオート』はリアルタイムでPIVOTを計算して(恐らく12時間PIVOT)、リアルタイムPIVOTのR2→R3などを狙うトレードをシステマティックに行うものです。

面白いのは1日2回のエントリー機会がある点。通常のDaily PIVOTを利用したトレードだと、1日1度しかPIVOTを描写しないので1日1度のエントリーに限られます。しかしリアルタイムPIVOTを活用したトレードは、8時と20時を原則に2度のエントリーチャンスがあります。

1日2度のエントリーで継続的に勝つことができれば、結構なパフォーマンスになります。PIVTはサポレジとして信頼できると長年の経験から感じているので、これは面白いのでは?、と思ってしまった訳です。

また『テクるオート』は実質的にはシステムトレードです。事前にシステムの設定を行った後は、勝手にシステムがトレードしてくれます。この辺りはシステムトレードを受け付けない方には難しいのですが、管理人はかつてシステムトレードにもドップリハマっていたので大丈夫。それにシステムトレードは楽なのと、資金管理や最大の損失額の把握などやるべきことさえすれば、大きな間違いは少なくなります。(勝てるかどうかは別問題)

『テクるオート』はリアルタイムPIVOTを活用したトレードですが、通貨ペアの選択やPIVOTのどこからどこを狙うのか等でロジックの選択が可能です。そのロジックには過去の最大の負け幅、直近の勝敗状況が表示されるため、過去のトレードの成績を見ながら売買ロジックを選ぶことができます。

PIVOTと確率を活用したFXトレードというと、古くからのFX関係者にはしろふくろう氏の『FX最強のテクニカル PIVOTトレード術』が有名です。管理人も一時、確率を利用してFXは勝てないもんかな、としろふくろう氏の書籍も参考に模索したことがありましたが、コレという方法が見つからず断念しています。

けどねズーッと考えていたんですよ、確率に基づくトレードができないかと。システムトレードは楽だし、それが確率に基づいてできるなら何もいうことはありません。尚且つ愛用しているPIVOTなら、うまくいくんじゃないかな、と。


『テクる』の解説サイトはコチラ

Sponsored Link

実際にトレードするなら『UHプレミアムMFX』が便利

実際に上田ハーローFXで『テクるオート』のトレードしようと思い口座開設した後に、『テクるオート』の進化させた『UHプレミアムMFX』というサービスがあるということを気付きました。通常口座とは別の口座開設が必要で、結局2回口座開設することになりましたが、少し調べると確かに『UHプレミアムMFX』のほうが使えそう。そんな訳で『UHプレミアムMFX』に口座開設を行いリアルタイムPIVOTを活用したトレードを開始することに。

『UHプレミアムMFX』の特徴は別途記事作りますが、MACDでエントリーのスルー条件設定できる点が気に入りました。以前自分で確率トレードの検討した時の壁だったのが、別途トレンド判定はしたほうがいいんじゃないの?、という点。トレンド判定の有無で相当勝率や期待値が変わります。当時は移動平均線で何とかならんもんか、とやってましたがMACDという方法もあります。過去の経験から確率トレードの際もトレンド判定の大切さを実感していたので、MACDでトレンド判定した上でエントリーを行う『UHプレミアムMFX』はなかなかいいじゃないか、と素直に感じました。


『UHプレミアムMFX』解説サイトはコチラ

トレンドが出ないと『テクるオート』では勝てない

6月入ってからリアルマネーで『UHプレミアムMFX』を利用して『テクるオート』のトレードしています。ただしタイミング悪く、為替市場全体でトレンドが出ない状態。お試しで試行錯誤の状態ですが、負けてます。。。資金管理しながらなので、大きくは負けてませんがジリジリと後退中ではあります。

やはりシステムトレードは資金管理が重要だ、と再認識させられてますが、『テクるオート』でもトレンドが出ないとなかなか勝てない、ということがまずは分かりました。

簡単とはいいますまい。けどコレまでの経験やノウハウ投入すれば、まぁまぁ楽に勝たせてもらえるのでは、と思った『テクるオート』のトレード。果たしてどうなりますか。タマに結果報告などもしてみようと思います。

資金管理の関連記事
資金管理を踏まえたFXトレードを簡単に行う方法

友だち追加

Sponsored Link